そんな季節

『金田一耕助99の謎』を読む。そうか、金田一耕助に孫はいないのか。

さてさてこの時期になると、各社から春の新作デジカメが発表される。
携帯の930SHのカメラがやたらよく写るので最近はブログ用にはこれだけでいいかなとすら思われるのだが、それでも愛用のパナソニックTZ3の方がよりツブシが効くのは確かだ。

で、パナソニックからも新機種がいくつか発表された。私が気になるのはTZ7FT1
TZ7は現行機種TZ5の後継機種だ。私のTZ3はこれで周回遅れということになる。TZ3からTZ5になった時は28〜280mmのレンズは変わらず、さほどの魅力は感じなかったのだが、今度のTZ7は25〜300mmとズームレンジが広がった。別に望遠側はどうでも良くて、広角側が広がったことに意義がある。web限定カラーの赤がいい。

一方FT1はパナソニック初の屈曲式ズームで、防滴防塵だったり水中撮影もできたりのタフな機種。つまりオリンパスのパクリだ。パナソニックは松下電器時代からマネ下電器と呼ばれ、他社をパクることに定評があるが、今回もいかんなくそのパクリ精神を発揮している。異なるのは手ぶれ補正の方式で、オリンパスはCCDシフト方式、パナソニックはレンズシフト方式。

ちなみに二機種とも発売日が私の誕生日の前日だ。買わない訳にもいかないだろう。
私はTZ7の赤にするつもりだ。コンパクトでヘヴィーデューティーなのが良いと言う方はFT1が良いだろう。変な色しかないけど。いや水中写真専用に買うっていう手もあるかな。でもそれならTZ7要らないな。やっぱりどっちも買うかな。
とあれこれ考える時が一番楽しい。
[PR]

by maestro_k | 2009-01-30 00:20 | photo/camera