あと一日

稽古場は明日でおしまい。本日は衣装付きで通し稽古。やっと台詞を間違えずに言えるようになった。プロとして大切なことをなしえた自分を誇りに思う。ハードル低いな!

俳優のプロとアマチュアの境目はあいまいだけれども、現在私は俳優業のみで生計を立てているので一応プロのはしくれなのだろう。現場にいる時はぼんやりそう思うのだが、それ以外の時はジムに通うでもなく、ダンスを習う訳でもないので甚だ自覚に欠けていると言って良い。プロとしての自覚はゴルゴ13の一万分の一もない。あまり演技をほめられたこともないし。まあハナから演技力を期待されていないのでその点はいつも気楽だ。
ただプロスポーツ選手はそれなりにストイックな生活を送っているのだろうから、ジャンルは違えど何かしらストイックぶったほうがプロっぽい気持ちにはなるだろう。何かないかしら。生活における、プロの俳優or歌手っぽい作業。チェーホフ全部読むとか?
[PR]

by maestro_k | 2006-03-04 23:59 | diary