ぐえええ

誰かアルカンの『鉄道』をマスターして生で聴かせてくれないだろうか。f0056516_052952.jpg
と10年前くらいから思っている。
アルカンは作曲家兼超絶技巧ピアニストであり、ショパンやリストと同時代の人なのだが、引きこもり気味だったらしく、当時から一部の人にしか知られていなかった。どれくらい上手だったかというと、当時世界最高の技巧を誇るリストが「…うわ、やべえコイツ」と言ったかどうかは知らないが、それくらいには脅威に感じていたのだそうで、それはつまりこの上なく指が動いたということだ。
『鉄道』はその名の通り鉄道がガンガン走る様を活写した、彼の作品中最も知られた曲で、これが滅法速くて難しい。Caccinicaの超絶技巧ピアニストであるAyaちゃんなら充分いけそうなのだが、彼女には「めんどくさい」というもっともな理由で断られた。
ピアノに心得のある方で、興味のある方は是非トライしてみていただきたい。完奏のあかつきには私から何かいいモノを進呈する。フィリックスガムとか。

良い香りを楽しみつつ、今日もいそいそと稽古へ。
f0056516_0243413.jpg
寝相が悪かったのか、首と肩が張っている。それにともない頭痛がする。ストレッチしたり揉んでもらったりすると一時的に楽になるのだが、そのうち再び吐き気に近い具合悪さに襲われる。脚の疲れがなくなってきたと思ったら今度は肩凝りか。稽古の初期はいつも運動不足状態で迎える。こうやってカラダの各部分が順に峠を越してゆくと、やがて全身がこなれてゆく。
[PR]

by maestro_k | 2009-05-04 00:37 | diary