昨日と今日

5日

昼から『死霊のはらわた』を観にサンシャイン劇場へ。
舞台は非常にパワフルで、竜司くんも役作りゼロでノビノビとやり切っていた。河原さんの演出もハイレグ時代のエンターテイメント性が非常に真っ当に発揮されていてとても良かった。彼とはもう10年以上前からの古い知り合いだけれど、私がくすぶっている間に向こうは随分出世してしまったな。

6日

実に一週間ぶりに稽古場へ。結局、湯沸かしポットを買った意味はなかった。
しかしまたしてもホンは来ず。またチョロッとゲーム等をして食事会。
今回のメンバーなら稽古は二週間あれば十分そうなので別に焦りはしないのだが、毎日毎日ズルズルとアテが外れるとモチベーションが下降してしまうな。
そういえば学生時代に『いごこちのわるいへや』という一時間程の会話劇を一週間くらいの稽古で上演したことがある。それがたいそう好評で、努力と評価は必ずしも比例しないのだなあと知った。舞台の作り手の仕事は努力とは関係なく、観客を楽しませることでしかないのだ。
[PR]

by maestro_k | 2009-07-06 23:59 | diary