治ってきた

我が家には軟膏がふたつある。ひとつはピアスを空けるときに使ったオロナイン、もうひとつはピアスの穴が膿んだ時用に買ってあったドルマイシン軟膏だ。
このうちオロナインは件の発疹にはさっぱり効かず、ドルマイシンも効かなかった。ドルマイシンは傷が膿んだ時に使う抗生物質であるから、考えてみたらアレルギー性の発疹に効くはずがない。
で、ここでみっつめの軟膏登場。机の引き出しの奥の奥に死蔵されていた「新サニアゾルD」なるものが発掘された。適応症には「湿疹、ただれ、かぶれ、じんましん、皮膚炎etc」と書いてある。ワサビを塗るよりいいだろうということで試してみた。

これが効いたではないか。

出がけに塗って、劇場に着いた頃には肌のでこぼこ感が俄然治まっていた。まだ赤みは残っているが、そんなものはファンデを塗れば良い。寝かせていただけに軟膏も熟成した、ということもないだろうが、ひとまず回復の兆しが見えたのは喜ばしい。

さて休演日明けの本日は入り時間を勘違いして遅刻した以外は大過なく。小さい劇場はやっぱりいいな。本当は大きな劇場で短期公演をするより、小劇場で長めにやる方が好きだ。制作的には大劇場でバッと済ませてしまった方がコスト面で都合が良いのであるが、プレイヤー側としては少しでも長期間やりたいというのが正直なところ。三年とかは嫌だけど。
[PR]

by maestro_k | 2009-07-28 23:59 | diary