北上/盛岡

16日、北上へ向けて出発。
新宿の金券ショップに立ち寄ると、バラ売り回数券はお盆前後は使用不可なのだと言われ、その代わりJRの株主優待券なるものを勧められる。一枚1500円で、二枚使用で切符代が4割引になるのだそうだ。

北上に到着し、迎えの車で喜久盛酒造まで。広い敷地に立派な母屋と醸造場があった。

庭のごく一部。以下、写真は全てEOS 5DにツァイスのプラナーT*1.4/50 ZE。
f0056516_22522723.jpg
白壁の小屋は離れのトイレである。

あくび。
f0056516_22534999.jpg
撮影は恙無く終了。わざわざ持ち込んだストロボであったが、自然光の方がはるかに上がりが良かった。

撮影後、醸造場を見学させてもらう。
f0056516_22552233.jpg
人の背丈を遥かに越える大きなタンクがいくつも並んでいた。
f0056516_2391765.jpg

壁のカビ。
f0056516_22563736.jpg
これは衛生管理に不備があるのではなく、わざと残しているもので、壁のカビの生え方によって各蔵元の酒の味が決まって来るのだそうだ。なるほどねえ。

晩御飯の焼肉をごちそうになった後、東北本線で盛岡へ。約二年ぶりの実家へは23時に到着。

翌日。
起床して、墓参りなど済ませた後に盛岡探索。のはずが、あまりに暑くて歩き回る気力なし。ドトールでアイスコーヒーを飲んでボンヤリする。

叔父の経営する『中華そば古川』へ。姉と二人の甥っ子とともに。
f0056516_2313319.jpg
開店四年目にして私は初めての来店。シンプルでなつかしいラーメンで良かった。盛岡へお越しの際は是非お立ち寄り願いたい。岩手県民会館そば、北ホテルの斜向い、内丸ビル2Fにある。

姉の車で市内を回る。
母校の盛岡一高玄関。
f0056516_2318987.jpg






























白亜記念会館。
f0056516_23244599.jpg
高校の敷地内にあるこの建物の二階で私たちは演劇部の稽古をしていた。この日も稽古していたら見学させてもらうおかなと思っていたのだが、電気もついておらず。もう稽古場としては使っていないのかも知れない。写真だけとって戻る。

光源社にて休憩。光源社には民芸品店やカフェがある。カフェは混んでいたので中庭のテーブルで一服。
水に小石を落として遊ぶ甥っ子二人。
f0056516_23313562.jpg
この直後、建物の中から顔を出したおじさんに「石入れちゃダメだよ!」と怒られた。

駅まで送ってもらって、夕方帰京。駆け足だったけれど、つかの間の岩手の夏は楽しかった。
[PR]

by maestro_k | 2009-08-18 23:44 | photo/camera