執筆とミックス

「ユリイカ」用の原稿が朝四時に上がる。三月号(2/25発売)の森村泰昌さんの特集号。森村さんの表現と『マグダラなマリア』の成り立ちを比較したりしなかったり。

ユリイカは日本を代表するハイブロウな文芸誌で、二十代前半の最も頭のキレが良かった頃に読んでいた。そして森村さんとは1999年の蜷川版『パンドラの鐘』で共演している。といっても私はアンサンブルの一人にしか過ぎなかったので向こうは覚えていないだろう。十年経って森村さん関連でユリイカに寄稿することになるとは。まるで文化人のようだ。立ち読みにはヘヴィな雑誌なので、是非購入してじっくり読み込んでいただきたい。

夕方近くに品川のスタジオにてマリアさんの第二弾DVDの音声ミックス作業に立ち会う。歌部分のみで五時間ほど。

リアルエチカ。
f0056516_341939.jpg
[PR]

by maestro_k | 2010-02-09 23:59 | diary