超早い

昨夜はだいぶ早めの打ち上げが行われた。残りの公演スケジュールを考慮すると、このタイミングがスタッフ・キャストの労力的にベストなので。当然さっぱり打ち上がった気にはならず、打ち上げというよりオフィシャルな飲み会と言った感じ。

月・火あたりまでは二階席後方に空席もあったが、水曜日以降からはほぼぎっしり満席で、有り難い事にこれは千秋楽まで続く模様。演劇界全体で動員が下がっている時期なのに、これは驚異的な事だ。
打ち上げの席でお手伝いのよしのちゃんと「昔は40人の会場でやってたのにねえ…」と感慨に耽る。よしのちゃんは三年前に初めてマリアさんが来日し、渋谷の「マリアの心臓」でリサイタルを開いた時からのスタッフで、MDで音出しをしてくれたりしていた。舞台化するようになってからも、私が個人的にポケットマネーで雇って現場に入ってもらっている。彼女がいるとマリアさんの来日公演の原風景が思い出されて安心するのだ。

もっとも、今でもマリアさんひとりでリサイタルを開いたら100人も来てくれそうにない。なにせ全キャストのうち、ファンレターが最も少ないのがマリアさんなのだ。まあ彼女には世界中のセレブリティたちから溢れんばかりの貢ぎ物があるので構わないけれど。
[PR]

by maestro_k | 2010-08-20 12:26 | diary