日常へGO!

告知ふたつ。

ひとつめ。
e+ですでに完売してしまっていた11日のCaccinica演奏会チケットは追加分が販売されることになったので、諦めていた方も再度チャレンジ願いたい。いつから追加されるかは知らない。いずれにしろ150人が限界の会場ゆえ追加枚数もたかが知れている。ボヤボヤしていると多分またすぐなくなるのでご注意願いたい。しかし前売り追加なんて初めてだな。Caccinicaらしくない。

ふたつめ。
「マグダラなマリア」第一弾・第二弾CD購入者イベントに出演。
アニメイトのイベント詳細ページ↓
http://www.animate.co.jp/event_info/event/event_e20100999.html
なんと作・演出の私以外、キャストで来てくれるのはSくん一人だけ。Sくんは第一弾のM1という記念すべき曲を歌ってくれたから当然出演にふさわしい訳だが、だからって一人だけってどうなの。おいマグダラキャストたちよ。
しょうがないからSくんにはキャビアでも奢ってやるか。


さて一昨日ワークショップが終わった。昼夜の2コースを五日間というハードなスケジュール。今回は知人の俳優や声優たちにも参加してもらった。一般参加者に対して講師の私が実演しても「講師だからできるけどさぁ」で終わってしまう場合がある。同年代のプロのレベルを感じてもらいたかったし、プロにも改めて自分の弱点を発見して向上する機会として欲しかった。

一般参加者の中には「ここにいるべきではない」と私に言われて一日で追い返された人もいるし、自信満々の声優芝居を「そんなのクズですよ」とケチョンケチョンに罵倒された人もいるし、プロでも「そんな態度は一般参加者に失礼だ」と叱られた者もいる。
私はヘタでも一所懸命やってくれている分には怒らないけれど、まともなコミュニケーション能力もない人がリハビリ代わりに物見遊山で参加してきたり、真似事に過ぎない中途半端な技量を表現力と勘違いして図に乗っていたり、馴れ合いの気持ちで場の集中力を低下させるような態度を取ったりされると、それに対しては怒らざるを得ない。そういう相手には優しく言っても伝わらない。こっちが本気で怒っているのだと解らせてから言わないと心に届かないし、あれこれと優しく言っているのは時間の無駄だ。
ほとんどの参加者は一般にしろプロにしろ、自分の技量を客観的に判断して、足りないところを少しでもスキルアップしようと真面目に取り組んでくれている。そういう人たちのためにも無駄な時間は作りたくないのだ。
マグダラのキャストも何人か参加してくれて、持ち歌を実演してくれた。参加者には良い刺激になったのではないだろうか。代役で入った私は腰の振り過ぎで腰痛になったけど。

さて、久々に戻って来た日常。表参道ZAZAにて数ヶ月ぶりにやっと髪を切ったり。
f0056516_23441154.jpg
f0056516_23443999.jpg
f0056516_2345960.jpg
f0056516_234532100.jpg
ここ四ヶ月ほど常に忙しいのが当たり前だったので、なんだか急に放り出された日常に馴染めない感じ。どうせまたすぐに忙しくなるので、今のうちにのんびりしておこう。
[PR]

by maestro_k | 2010-08-30 23:55 | diary