失敗、ではない

前から気になっていたソニーNEX-5を買ってみた。本体のみの安い中古を見つけたので。
ウチにゴロゴロしているMFレンズをデジタル写真に活かすにはちょうど良い。5D Mark llだと気軽に持ち出せないし、カフェでバシャバシャとシャッター音を鳴らすのも無粋だ。Penの方がデザインは素敵だが、単純に撮像素子の大きさでこちらを選んだ。

本体のみを買ったのは、キットレンズなどはなから使う気がないから。同じく中古で見つけたフォクトレンダーのカラースコパー35mm F2.5をアダプター経由で付けてみる。
f0056516_192791.jpg
ツルペタデザインのキットレンズよりずっと素敵だ。

しかし、

圧倒的使い辛さっ!!

別にNEX-5のせいではない。コンパクトなカラースコパーの絞りリングやピントリングの幅が狭く、出っ張ったレバー部分で操作しなければならないからだ。また多くのライカMマウント用レンズと同様、このレンズも最短撮影距離が70cmと長めだ。風景やスナップには良いけれど、カフェのケーキなどを接写するにはクローズアップレンズを装着せねばならない。操作性は他のレンズならまだマシだろうが、それでもマニュアルでのピント合わせで液晶画面を拡大して確認しながらムニムニとピントリングをいじらねばならぬことに変わりはない。これでは「ちょっとこれで撮ってくれない?」と人に頼む訳にもいかないではないか。

仕方なくお気軽カメラ用途の保険としてキットのズームレンズも中古屋で別途購入。最初からセットで買うより高くなってしまった。

とりあえず、スコパーによる記念すべき一枚目。
f0056516_1411956.jpg
しょうもない写真だけれど、一応コンパクトデジカメとは違う写り、かつ今までの一眼レフでは撮り辛いアングル、ということで。
[PR]

by maestro_k | 2010-10-01 10:17 | photo/camera