地味に困る

衛兵交代くらい見ておくか、ということでバッキンガムへ。しかし、
f0056516_19405429.jpg
今日やってない!寒いからってサボッてんじゃないよ。
ロンドンは平均気温が東京より低いらしいが、出国直前の東京がいつもより寒かったこともあり、特別に気候の差は感じない。

特に意味のないカット。
f0056516_2045784.jpg
ライカM9は思っていた以上に高画質。仕事で使っているCanon EOS 5D Mark llより良い。
ほとんどのデジカメにはローパスフィルターというものが組み込まれている。ローパスフィルターによって一度画像を軽くボカし、ソフト処理でシャープネスをかける。これによって偽色や衣類を撮った時などに生じるモアレを軽減しているのだが、せっかくレンズがシャープな結像をしていても一度ボカしてしまうから、解像感は下がる。大抵のデジカメ画像を等倍で見ると細部がなんとなくポワンとしているはそのためだ。M9ではこのローパスフィルターをあえて搭載しておらず、レンズ本来の性能が引き出せ、非常に気持ちの良い、パリッとした写真が撮れる。じゃあ偽色やモアレはそのままなのかというと、そのままだ。しかし大した問題ではない。

昨日気になっていた「チャールズ・ディケンズ・コーヒーハウス」へ。
f0056516_19535775.jpg
期待と違って、ドトールが小汚くなったような意外としょぼい店だった。
コーヒーをいれてくれたヒゲ面の店員に
「ディケンズいいよね」
と言うと、
「え?ああ、まあそうね」
と大したリアクションもない。店員自身は特にディケンズには思い入れはないようだ。
「どこから来たの?日本?」
「そう。東京。」
「あそう。私はエジプトから」
「エジプト?ビスミッラーヒ、ラフマーニ、ッラヒーミ!(慈悲深く慈愛あまねきアッラーの御名において!)」
「…?なんで?なんでそんなの知ってるの?」
「大学でアラビア語習ってたから」
「マジで?日本で?アラビア語を?へええー!」
めちゃくちゃ不思議そうな顔をしていた。

そんなことより困るのが、ロンドンでは屋内が全面禁煙という事だ。日本でも最近はタバコを吸えるカフェがどんどん減って来ているが、ロンドンではカフェでもレストランでも全席禁煙。ホテルの室内でさえも。路上喫煙は禁止されていないので吸いたければ外に出るしかない。なので「ロンドンのカフェで芝居の執筆」などとシャレオツを気取ってみても、テーブルで優雅にタバコをふかすことはできず、寒空の下でガタガタ震えながら吸って戻って来なければならない。これだけはちょっと参った。

中華街で毒々しいケーキ発見。
f0056516_1952425.jpg


夜にレミゼ。
f0056516_19515563.jpg

[PR]

by maestro_k | 2011-01-21 20:27 | diary