ニコニコニーコ終了

本日千秋楽。無事終了。
『ニコニコニーコ』は予想外と言ってはおかしいが、相当追いつめられてギリギリのタイミングで仕上がったにも関わらず、非常に評判が良かった。まあ稽古初日に台本が完成していてもつまらない芝居はつまらないので、仕上がりのタイミングと出来は本来あまり関係がない。

客足も日に日に伸び、週末三日間は完売。千秋楽は立ち見が出るというので、演出家の私も座席を諦め、楽屋にて配信映像を見るハメになった。
いろいろと普段の芝居とは違った今回の舞台は相当印象深いものになった。女性だけの舞台というのは宝塚という例外を除き、動員的には苦戦を強いられる。『ニコニコニーコ』も前半こそ空席があったけれど、日程が進むに連れて評判が広まり、尻上がりに客が増えた。これは嬉しい事だ。

出演者は皆仲が良いので稽古中にも良くペラペラおしゃべりをしていて、おそらく全員が私に「うるさい。」と注意されたはずだ。そのおしゃべりの元気なパワーが上手いこと舞台に乗って観客に伝わってくれたかなあと思っている。

とりあえず今年一番のハードな時期はなんとか乗り越えた。劇場およびネットで観てくれた方々に多謝。
[PR]

by maestro_k | 2011-03-27 23:59 | diary