いろいろ

30日。

夕方、舞台の記者発表、続けてキャスト発表生番組。
終了後、Fくんと一緒にタカポン宅に寄り、引き払う部屋の色々な小物をいただく。足のサイズが一緒なのでグッチのスリッポンなど靴を沢山もらったり。
そのまま新宿に移動し、クリスマスキャロルメンバーでタカポン壮行会。壮行会と言っても普通の飲み会。まだタカポンが収監されることに皆実感が湧かないのかも知れない。解散の後も飲み足りないメンツが我が家に来て、外が明るくなるまで語らう。


31日。

オフ!
『プラック・スワン』を観る。エロ怖い。ナタリー・ポートマンが素晴らしい。
夜に青山円形にてナイロンの『黒い十人の女』を観る。とても良かったのだが、3時間と公演時間が長いため終演後から退館までの時間が短く楽屋には行かず。ナイロンは知り合いが多過ぎるので、一度挨拶に行くとちょっと手間がかかってしまうのだ。
休憩中にケラさんに「おうユザワ!」と声をかけられ、「あ、ご無沙汰してます!」とすれ違う。久しぶりに会うおっさん同志なんてそんなものだ。たまには女子の様に「キャー超久しぶりー!会いたかったのー!」とムダに盛り上がってみても良いかも知れない。
最近はずっとイケメン文化周辺の舞台ばかりに関わっているけれど、小劇場人間としては全く小劇場界隈から忘れられているのがとても寂しい。もうすっかり違うジャンルの人と思われているのだろうか。根っからのアングラサブカル者なのだけどなあ。

全然関係ないけれど、NHKのBSで7日の22時から『エディット・ピアフ〜愛の讃歌〜』がO.A.される。主演のマリオン・コティヤールの天才ぶりが遺憾なく発揮されているので、興味のある方は是非観ていただきたい。

さて、神戸行きの準備するか。
[PR]

by maestro_k | 2011-06-01 12:04 | diary