代筆

最近、モンブランのマイスターシュテック149の調子が思わしくなかった。インクの出が多過ぎて画数の多い字を書くと潰れてしまうし、乾きも遅い。なによりインクの減りが早過ぎる。
これは149自身のせいではない。テーブルから何度か落下したため、ペン先がやや変形してしまったのだと思われる。渋谷の某百貨店にショップがあると教えられ、ペン先の調整に出す。二週間の預かりで、調整代は一万五千円。高いなあ!

で、代車と言うか代筆と言うか、サブ万年筆を購入してみた。ペリカンのスーベレーンM400。
f0056516_23375973.jpg
本当はもうちょっと大柄のM600にしたかったのだが、気に入った白はM400しか出てないとのことだった。
で、使ってみると小柄さが意外に良い。おそらく女性がターゲットなのだろうが、男の手でもメモ書き用にはちょうど良いサイズ。149はしょっちゅう持ち歩くには立派過ぎるので、普段使いにはこちらの出番の方が多くなるかも知れない。
[PR]

by maestro_k | 2011-06-24 23:50 | diary