ロンドン二日目

まず朝からCharing Crossのtktsへ。tktsというのはオフィシャルなチケット安売り場で、当日券が半額で買える。マチネは『CHICAGO』、夜は『MAMMA MIA!』にした。

マチネは17時からなのでそれまでプラプラ散策。頼まれたお土産物を買ったり。

牛乳屋さん?の車にまつげが生えていた。
f0056516_937549.jpg
この帽子のコ、表参道でも見た事あるな。
f0056516_9375336.jpg
地下鉄のエスカレーター。日本よりちょっとスピードが速い気がする。
f0056516_939179.jpg
「Superdry」というブランドのショップがあり、なぜか日本語で「極度乾燥(しなさい)」と添えられている。
f0056516_9424828.jpg
街中でもここの服を着ている人を見つけた。それにもやはり「極度乾燥(しなさい)」のロゴが書かれていた。

で『シカゴ』。Rachel Mcdowallという女優が良かった。
f0056516_10145377.jpg
彼女が出て来た途端に他の女優が色褪せるくらい圧倒的にスタイルが良く、美形ながら愛嬌がある。それで歌とダンスを十二分にこなしているのだから文句の付けようが無い。強者はいるものだな。

夜に『MAMMA MIA!』。
f0056516_1042497.jpg
去年も観たが今年はキャストが変わっていた。一部なのか全部なのかは判らない。まだ滞在二日目ゆえ絶賛時差ボケ中で危うく眠りそうになっても、音の大きなこの演目だと所々でハッと目を覚まさしてもらえるので有り難い。他のミュージカルは生オケをささやかにマイクで拾っている程度なのだが、ABBAの楽曲で構成されているこの舞台では当然エレクトリック楽器での演奏で、音がガツンとデカイのだ。舞台として面白い事はもちろんだが、時差ボケ対策にも『MAMMA MIA!』はお薦めである。

時差ボケの辛さは眠気の他、食事のタイミングが変わるために胃がもたれることだ。
[PR]

by maestro_k | 2012-01-14 10:51 | diary