丸一年&やっと来た

昨年の地震から丸一年経った。引っ越したばかりの部屋で『ニコニコニーコ』の脚本を執筆していたなあ。芝居なんて不謹慎だとか節電しろとかいろいろ言われた中での公演だった。
実際周囲では中止になった公演やイベントも多く、それはそれで諸々の方面への配慮の結果なのだから仕方ないのだろうが、不謹慎だから公演するなという人たちは公演関係者のギャラまで補償してくれるわけではない。おかげで収入が減って大変な人たちも沢山いた。被災地の方々は言うまでもなく比べ物にならないくらい大変なのだが、結果として『ニコニコニーコ』のネットチケット収入は被災地への募金に回されることになったので、事なかれで公演中止してしまうよりは有意義だったと考えている。

『ニコニコニーコ』の本番の上演ではカットされたが、本来の脚本には「人がいっぱい死ぬよ」という台詞があった。これは地震発生前に書かれたものでもちろん震災とは無関係なのだが、役者本人から「自分の現在の心情に折り合いがつかないのでこの台詞は言いたくない」と申し出があった。彼女の気持ちも判るが、役者個人のセンチメンタリズムで脚本を変更することなどあり得ない。「プロなのだから言いなさい」と突っぱねた。しかししばらくしてから結局その台詞はカットし、本番では直接的でない言い回しに変更した。彼女はホッとした様子だった。後から「どうして変えてくれたんですか?」と訊かれ、「キミ個人の感情を考慮した訳じゃない。あの台詞が芝居とは無関係のノイズを観客の心情に発生させる可能性が高い。それが作品にとって良くないから」と答えた。彼女は納得してくれたようだった。彼女に限らず、いろんな感情が渦巻いた公演だったな。


さてさて、やっと到着。プレゼント用。
f0056516_11111125.jpg
靴底厚めの質実剛健なローファー。シューツリーに燦然と輝くALDENのロゴ。
f0056516_11114875.jpg
なんか自分のも欲しくなって来たな。
[PR]

by maestro_k | 2012-03-12 11:19 | diary