マグダライブ初日

『マグダライブ!』初日が無事開けた。
いやはや、観客のマグダラ愛が爆発したような何とももの凄い盛り上がりで、袖で待機していたキャスト達はオープニングでの観客のあまりの勢いに「すげえなー!」と感嘆の笑いをあげるしか無い状態だった。

芝居だと観客が満員だろうがガラガラだろうが、原則としてやる事は変わらない。もちろん満員の方が熱気が生まれるのは確かだけれど、ライブとなるとそれが非常に顕著であって、イベントとして盛り上がるか否かは半分以上観客の手に委ねられていると言ってもいいだろう。その点では初日の観客の方々は非常に積極的に楽しんで盛り上げてくれて、キャスト達もそれに乗せられ、良いパフォーマンスができたのではなかろうか。終演後もキャストは皆一様に「いやーすげえすげえ、マグダラすげえわ!」と高揚していた。まー、観客が凄いってことなんだけど。

ペンライトを振っていた方々もチラホラいた。ライブに関しては全くペンライト歓迎である。中途半端にある方が寂しいので、どうせならナウシカを復活させる王蟲の触手並みにワシャワシャとサイリウムの草原を作っていただきたい。物販で売りゃいいのに、残念ながら今回はサイリウムは置いていない。竹下通りのダイソーで売っているはずだ。
[PR]

by maestro_k | 2012-06-19 00:59 | diary