鼻がなあ

知らない花。
f0056516_013030.jpg
最近鼻と喉の調子が悪い。
もともと鼻炎気味なのだが、ここ一ヶ月はとみに症状が酷い。声の仕事をしている人間にとっては非常にやっかいだ。以前副鼻腔炎になったという知人の症状と似ていたので五日ほど前に耳鼻咽喉科に行ってみたら、ただのアレルギー性鼻炎だと言われた。

外出すると症状が治まり、在宅中に悪化するという状況から鑑みて、心当たりはふたつある。まず居住しているマンションが現在耐震&外装工事中で、マンション内に以前はなかった粉塵が生じていること。もうひとつは部屋に舞い散るヒジキの毛。こまめに掃除はしているのだが完全に除去できる訳ではない。ヒジキはもう一年以上いるので今さらなのだけど、花粉症と同様、ある時期から閾域を越えた可能性もある。
医師から「アレルギー検査に行った方がいいね」と言われる。腕にプチプチと何種類かの微弱なアレルゲンを注入し、どういう系統のアレルギーかを調べるらしい。あー面倒だな。

とりあえず病院からもらった薬はもう無くなってしまったので、薬局で買った漢方の薬を飲んでいる。玉屏風散という漢方薬で、即効性のある対症薬ではなく、飲み続けることで鼻や喉の粘膜を整えて強くするという気の長いものだ。効いてるような効いてないような。「顆粒じゃなく粉末ですけど大丈夫ですか?粉末が苦手な方もいらっしゃるので」と言われたが、漢方っぽい味は嫌いではないので水も使わずザラザラ味わいながら服用している。
[PR]

by maestro_k | 2012-07-11 23:59 | diary