一瞬ティムと会う

夕方から『モーツァルト』のパンフ撮影。カメラマンさんから「最近は何か機材増えました?」と聞かれ、特に無いことに気付く。モノブロックストロボをひとつ買ったくらいか。キヤノンのEF85mm F1.2L llのピントがシビア過ぎてさっぱり合わないと言うと、「年に一回くらいピント調整出した方がいいですよ」と言われた。そうかー。面倒だなー。
また、新しく出た標準ズームのEF24-70mm F2.8L llは素晴らしく良いのだそうだ。私はいまだに前機種を使っているのだが現行機は特に広角側のキレが改善しているとのこと。
一応マグダラやニコニコニーコの撮影などで手元の機材に関しては元が取れているのでそろそろ新しくしても良いかとは思うが、別に今の機材でも仕事に不足はない。なかなか悩ましいところだ。

撮影後、『フランケン・ウィニー』のパブリシティで来日しているティムと束の間の再会。
暗過ぎてボケボケだけど。
f0056516_093953.jpg
ちょうどマグダラ東京公演が終わったタイミングでの来日となり、ティムにマグダラを観てもらう事はかなわなかった。本当は色々すれ違いのスケジュールで今回は会えそうにもなかったのだが、忙しい中わざわざ会う時間を作ってくれたようで恐縮だ。「公演は成功したんだって?とても素晴らしかったと聞いたよ。おめでとう!」と祝ってくれた。

歌ってくれとのことだったので、駆けつけてくれたえびさわくんとさっちゃんに伴奏してもらい、
・カッチーニのアヴェマリア
・マグダラ第五弾M8のマリアさんパート
・ハバネラ
の三曲を歌う。喜んでくれたようで良かった。

ティムのマネージャーのデレクと。
f0056516_0132815.jpg
帽子にナイトメアのサリーを描いてもらう。
f0056516_0124726.jpg
出来上がり。
f0056516_0135783.jpg
ちゃんとサインを入れてもらった。サインがないと私が描いたと思われるからな。
[PR]

by maestro_k | 2012-12-04 23:58 | diary