コピック

先日絵を描いた際はゲルボールペンに無印のカラーペンという小学生並みの画材だった。やはり水性ペンは黒が滲むし紙も傷む。今後も舞台の美術やら何やらでイラストを描く事もあるだろうから、アルコールマーカーを買っておいた方が良いかなと思い立つ。

で、絵を描く人なら誰でも知ってるコピック。
f0056516_22265461.jpg
コピックはデザイン用品会社の「.Too」の代表商品のひとつだ。何を隠そう私は十六、七年ほど前、恵比寿にある「.Too」のデリバリーセンターでバイトをしていた。様々なデザイン事務所からFAXで送られて来る注文書に従い、このコピックやらPMパッド(デザイン用紙)やらを紙袋やダンボールに詰めていた。よく商品を間違えてデリバリーのおっちゃん達に怒られていたものである。当時はデザインにMacが使われ始めたばかりで、iMacはもちろんPower Macなどもまだなく、Performaが90万円とかしていた。今では当時の最高機種の10倍くらいの処理能力のマシンが10分の1の値段で手に入るのだから隔世の感がある。
ここで働いていたのは一年半ほどだったが、その間に母が亡くなったこともあり、私にとっては良くも悪くも印象深いバイト先だった。ある舞台に出演するために辞めてしまったのだが、その頃はバイト先の誰もが私が芝居で喰えるようになるなんて思っていなかったろうな。

で、コピックはまだ買ってない。思ってたより高いのだ。
[PR]

by maestro_k | 2013-06-16 22:56 | diary