快晴

降ったり晴れたり、湿度が高かったり低かったリで何を着て出ていいのか分からない。
執筆。ややはかどる。五分×五話のうち第一話完了。一日一話いけそうだ。

TASCHENのウインドウにあった紙のガイコツ標本。
舞台美術で使えそう。
f0056516_231964.jpg
今日もアニヴェルセル。
f0056516_2321597.jpg
いつもアニヴェルセルという訳にはいかない。コーヒー1000円って、ラーメンより高い。
原価50円くらいだろうに。450円程度でいい店はないだろうか。広くて静かで放っておいてくれる店。

帰ってテレビをつけたら「渡る世間は鬼ばかり」をやっていた。
仕事の脚本を書いていると人のが気になる。
橋田脚本はひとりひとり順番に理路整然とし過ぎた物言いなのがキモチワルイ。小学校の卒業式みたい。役の言葉でなく、橋田壽賀子の言葉を役者に振り分けて言わせている。本人の説教臭さがよく伝わって来る本だ。それが橋田ワールドなら別に構わない。すでに出来上がった人だから、別に私が褒める必要もないだろう。
普段の会話って、もっと端的だったり沈黙や食い違いがあったり、情緒的なとっ散らかりがあったりすると思うのだけど、そういう芝居が必ずしも良いとは限らないし。
[PR]

by maestro_k | 2006-05-25 23:03 | diary