開拓

先日レンズを売ったとき、買い取り証明書のようなものをもらった。新たな買い物のときにこれを提示すると、先日の買い取り額の10%にあたる2,000円を割引きしてもらえるというものだ。
という訳で件の中古屋へ。ジャンクコーナーで2,100円と525円のレンズ購入。しかし割引きはジャンクには適用されなかった。なんだよ。

新宿ヨドバシへ。インナーイヤー型ヘッドフォンを買うのだ。
結構立派なヘッドフォンは持っているのだが、外であまり仰々しいものは恥ずかしい。最近台頭してきているカナル型(ゴムの耳栓みたいなものがついてるもの)は密閉性もよく、音のロスも小さいので良さそうだ。耳掛け式のものは耳への密着度が低いのでお勧めしない。
言っておくが、私はこういったアイテムにはうるさい。音楽をやっている以上、音を聞く道具に関して金に糸目をつけてはいけないと思っている。どうせなら良いものを買わねば。
SHUREのE5C 54,800円。
高いよバカ!
2,000円のオーディオテクニカにしておいた。

新たなカフェを物色中。今日はラフォーレ近くの半地下の店。コーヒー450円というのは高校生が入る程安くなく、私が困る程高くない絶妙の価格だ。ただし仕切られた喫煙席の空間が少々狭い。BGMも会話の邪魔にはならないが執筆にはいくぶん音量が大きい。それもあってヘッドフォンを買ったのだけど。
f0056516_12479.jpg
音の方はすこぶる快調。密閉性が高いだけあって周囲の雑音がかなり軽減される。ミケランジェリのドビュッシーやらサウンド・オブ・ミュージックのサントラやら聴いて執筆ははかどった。
サウンド・オブ・ミュージックの中で急にアレグリのミゼレーレが流れ出して驚く。そんなシーンあったかしら。見た当時はミゼレーレを知らなかったので印象に残っていなかったのかも知れない。
第二話を書き終えたら予備のバッテリーも切れた。今度からは予備をふたつ持っていこう。

帰宅後、ジャンクレンズ分解清掃。2,100円は無問題。カビだらけの525円は手に負えなかった。

なんか、本を書きはじめただけで生活が充実してきた気がする。やっぱり書くのが好きなのだろう。
[PR]

by maestro_k | 2006-05-27 01:53 | diary