できた

キヤノンEF17-40mm F4L USMを下取りに出し、シグマ24-70mm F2.8 EX DG MACROを手に入れた。
このシグマと同スペックのレンズはキヤノン純正にもある。しかし中古でも15万くらいなので対象外。写真を商売にしていない限り買う必要はない。
ちょっと前から買い換えを検討していたのだが、なかなか中古屋の店頭に出なかった。本日やっと某中古店のHPで発見し、思い立ったが吉日とばかり行ってきた。
使いやすさと高級感はキヤノンの方がずっと上だが、スペックで比べるとシグマの方が
1、絞り開放が明るい
→ボケが大きい。速いシャッターが切れる。ファインダーが見やすい。ピント精度が向上。
2、より望遠
→ボケが大きい。歪みが少なくポートレイト向き。
ということで、私の主たる撮影目的に適している。広角域が弱くなってしまったけれど、しばらくは散歩用のS70で代用するから構わない。ボケが欲しい写真は一眼レフ、広角&パンフォーカスで撮りたい時はS70と使い分けるのだ。
店員に「他に何かお買い物は?」と聞かれ、プロテクトフィルターをくれと言ったら中古の余り物をサービスしてくれた。

執筆。なかなかラストが決まらなかったのだが、今朝やっとハマるのが浮かんだ。完成。
こういうものは、いつも考えていないと降るものも降ってこない。ペニシリンの発見は偶然と言われているけれども、常にあれこれ考えて偶然を発見する準備ができていないと発見のしようがないのだ。考え込む必要はないが、常に頭の隅に置いておくとひらめき方がだいぶ違う。
これで、目の前の心配事はひと通り片付けた。

早速シグマの試し撮り。昨日と同じ紫陽花。ボケて満足。
雨空で夕方だったので発色は地味。
f0056516_2146827.jpg

[PR]

by maestro_k | 2006-06-11 22:01 | diary