いいものふたつ

午前中、呼び鈴が鳴る。私はまだ熟睡の時間だ。

宅急便で封筒が送られてきた。開けてみると商品券。
え?なんで?
すっかり忘れていたのだが、DTIからTEPCOひかりを申し込んだとき、キャンペーンで商品券プレゼントというものがあったらしい。
というわけでショッピング。
まず、以前日記でも紹介したエレクトロボイスのRAVENというマイク。完全にルックス優先で購入。
これはエレクトロボイスがBlueというメーカーと共同開発した。Blueは現在最も先鋭的な高級マイクメーカーなので、ヘタなものは作らない。はず。来月の演奏会でデビューの予定。

そして買い換えたばかりのシグマレンズ。画質に不満はないが、AFのモーター音が「ギュワッ、ジジッ!」とうるさい。キヤノンならほとんどのレンズに超音波モーターが搭載されているのでAFは無音だ。それに慣れていたのでシグマの音は耳につく。ネコも逃げる。
しかし何度も書いているように、同スペックのキヤノン純正は高いので我慢するしかない。
と思っていたら、フジヤカメラにいい出物が。
キヤノンEF28-70mm F2.8L USM
これは現行の24-70mmが2002年に発売されるまで、プロ御用達のキヤノン最強ズームレンズだった。製造中止になったが、28-70mmの範囲においてその画質は現行品になんら劣る所は無く、逆にまさっているとすら言われている。中古市場では現行品の6割くらいの値段だが、それでもまだ高い。
これが超格安で店頭に出ており、シグマを下取りに出し、ほんのちょっと金額を上乗せすれば買える値段になっている。広角をあまり必要としない私には願ったりかなったりだ。格安の理由は「後玉キズ」ということだが、画質に影響しない限りそんなことは気にしない。
バスに飛び乗り、速攻で購入。さよならシグマ、短い付き合いだったけど忘れないよ。
そしてそのまま試し撮り。

まずは装着の図。かなりゴツいレンズなのでコンパクトなEOS Kiss DNにはアンバランス。
それがいいのだ。
もはや自立できないので柿キャラメルの箱を支えにしている。
f0056516_23575764.jpg
以下は撮影画像。
f0056516_033477.jpg
f0056516_04716.jpg
f0056516_044631.jpg
超快適な使用感。文句なしの画質。満足この上ない。このレンズを手に入れられて私はとても嬉しい。いろいろ回り道をしたがやっと納得ゆくものに出会えた。なぜかユーミンの『ダンデライオン』の歌詞を思い出した。
ただし、とても立派で重いので散歩には不向き。今月のギャラが出たら、スナップ&広角補完用に中古の安くて軽いキットレンズを買うつもり。


[PR]

by maestro_k | 2006-06-21 00:48 | diary