絶対に許せないもの

フラフラと池袋〜新宿〜表参道など。

ラフォーレ裏、花泥棒付近のオードリー。
f0056516_2241448.jpg
夕方に六本木で打ち合わせ。
久しぶりに秋葉原へ。要り用なものがなかなか見つからない。現行では販売されておらず、ごくわずかな新品在庫は異常に高い。新宿では中古が発見できなかったのでわざわざ秋葉原まで行ったのだ。700円で発見。
帰宅前に新宿のアマティでゴルゴを読みつつお茶。最近ゴルゴに関して言いたい事が沢山あるが、それは後日。
私がカフェでどうしても許せないことのひとつに、テーブルのガタつきがある。
大抵のカフェでは天板が一本の支柱で支えられ、床面には足が十字に広がっている。この十字部分の水平がとれていない場合が非常に多い。ガタついていると知らぬまま天板にコーヒーを置き、ちょっとカラダが触れた拍子にテーブルが揺れ、コーヒーがこぼれたりすると、腹立たしさで発狂しそうになる。飲み物だけではない。本(ゴルゴ)を読んでいる時にも、ガタガタに耐えられない。なにが悲しくて金を払ってガタついたテーブルを使わされねばならぬのか。
最近はごく静かにコーヒーを置き、座る時もテーブルに触れないよう細心の注意を払うようにしている。そしてテーブルがガタついていないか確かめ、必要があればテーブルの足の先についている調節ネジを回して天板を水平にセットする。
これは私にとって、落ち着いて茶を飲みゴルゴを読むための、事前の儀式なのである。
[PR]

by maestro_k | 2006-06-29 22:47 | diary