ホヤを知れ

DELI CAFEのブルーベリーソースがけトースト。
f0056516_116429.jpg
効率的な食べ方が未だによく判らない。

天然ロボットの前制作担当であったちくださんがホヤを食べた事がないという。大酒喰らいのくせに何たる事だ、食わしてやる、ということで実家の姉に発注。東京では築地にでも行かないとまともなホヤがない。盛岡は内陸だけれども、三陸海岸の新鮮なホヤがいくらでも手に入るのである。

実家の姉は私よりはるかに実務能力に優れた人間なので仕事が速い。今日の午前中に到着し、夜にゴールデン街「すみれの天窓」に持ち込んでホヤパーティ。意外な事に、その場にいた人々は誰もホヤを食べた事がないという。貝なのか魚なのかも知らないという体たらく。非常に独特な風味の食材なので好き嫌いがハッキリ分かれるのだが、たいそう好評だった。
東京では馴染みの薄いホヤだが、酒好きの方は是非トライすることをお勧めする。たまに出している居酒屋もあるが、大抵鮮度が低過ぎてダメだ。web通販などで三陸モノを手に入れるべきである。旬が終わりつつあるのでお早めに。
[PR]

by maestro_k | 2006-08-03 01:36 | diary