超落胆

果報A・B・Cのうち、Aの知らせが来た。

残念ながら、果報とはならず。
これは先々週受けたアニメのオーディションで、最終選考まで残っていると知らされていた。待たされた期間が長いだけに落胆度MAXである。このオーディションの為に見送った話もあったので余計ショックが大きい。
ああ、やりたかったなあ。本当に。オーディション落ちてこんなにガッカリなのは初めてだ。

20歳から劇団を始め、15年東京で芝居をやって来て、未だに選別されなければならないヒヨコみたいな立場を再認識。かなりめげる。
良い方に考えよう、良い方に。鬱がもたげないよう。
[PR]

by maestro_k | 2006-08-23 20:44 | diary