半日ぶっ続けで

立ち回りの稽古。私はこれまで稽古日程のNGが多かったので仕方ない。
殺陣のみでなく、台詞だってまだロクすっぽ入っていない。ただし今日からは言い訳出来ないので出来るだけ早めに追いつかなければ。

アクションが難しいのは、言語化による伝達が出来ないところにある。
「不敵に笑う」とか「茶を吹き出す」とか「陵辱する」など日常的な動きであれば、ト書きのとおりやれば大抵大丈夫だ。しかし立ち回りは殺陣師が直接動きを見せながら伝えてゆくのでカラダで覚えなければならない。私は完全に書き文字人種な上、人にモノを習う才能がないのでこれがなかなか難儀だ。少しでも自分の得意な方法でと思ってメモを取るのだが、そうしたところでカラダに叩き込まないと意味がない。
それでも何日かカラダを動かしているうちに徐々に覚えが良くなっている気がする。まだ段取りをこなすのに必死な段階だが、要領が判ってくれば越えられないハードルではなさそうだ。

明日は少々遅めの入りなので、少しでも睡眠不足を解消しておこう。
[PR]

by maestro_k | 2006-09-07 01:54 | diary