しばらく読書

いきなりメルロ=ポンティではやはりしんどいので、しばらく他の本を読む事にする。
柳内伸作『世界リンチ残酷史』(河出文庫)読了。
澁澤龍彦亡き後、彼と同等レベルの興味あるエッセイを提供してくれる作家がいない。この本も澁澤的嗜好を求める人々に提供されているのだろうが、致命的なのは説教くさくて思想性が鼻につくことだ。そのプロパガンダ性にさえ眼をつぶれば、古今東西のリンチ雑学書としてはとても面白かった。中でも連合赤軍に関する記述は充実していて、ケラマップの『青十字』の題材にもなった一連のリンチ事件を良く知らなかった私には、今さらながらとても参考になった。

夜にすみれの天窓で演奏会打ち合わせ。
f0056516_256240.jpg
このメガネ、やっぱり相当インチキ臭い。
[PR]

by maestro_k | 2006-10-04 21:18 | diary