活躍したい

別珍っぽい空。
f0056516_2147828.jpg
ハコ書きが終了し、本格的に執筆開始。
と言いたい所だが、かなり停滞。ミュージカルでは台詞で芝居をつないでゆくものもあり、その方がストーリーテリングには有利だが、オペラは基本的に全てが歌である。なので当然のことだが台詞は全部そのまま歌詞となる。ストレートプレイの散文的会話なら比較的すばやく書けるが、詩的表現力を必要とする歌詞は苦手なのだ。書きたい内容は決まっているのに、メロディも出来ていない状態だから詞先にすべきか曲先にすべきかも見当がつかない。
それでも、例え未加工だろうが何がしかを素材としてひねり出さねば進まない。ひとまずストレートプレイとして会話を書き出してみることに。言葉を沢山出してみて、後からコンデンスして歌詞を再構成したらどうだろうと考えたのだ。棄てる部分が多くなるので効率は悪いが、進まないよりマシだ。
で、一場のキリのいい所まで書いてみた。スイスイ書けた。でもコントになってしまった。歴史コント。そんなジャンルないのに。ボツ。仕切り直さねば。

どうにもヒマだ。ヒマだからアテもない脚本書いてるんだけど。ああ活躍したい。
[PR]

by maestro_k | 2006-10-18 22:35 | diary