ギャルソンかぶれ

カフェ・ド・クリエのモンブラン。不味くはなかった。
f0056516_2323578.jpg
押し並べてケーキの不味い店だが、モンブランはあまり不味くする余地がないのだろう。

首筋の両側が痒い。理由は判っている。ギャルソンのパルファムで首の皮膚がかぶれているのだ。お気に入りだったはずのこの香水をここ3年使っていなかったのは実はそのせいで、3年経ってそろそろ大丈夫かしらと思っていたのだが、数日使い続けていたら再発してしまった。お気に入りの香水が肌質に合わないというのも切ないが、以前は7年間ほど毎日直接肌につけていたのだから、それが溜りに溜まってアレルギー状態になっても文句は言えない。今後は直接使用は避けなければ。首筋は弱点なのだ。いろいろと。

古田新太さんにプレゼント予定のティムのサインをラッピング。
f0056516_23131982.jpg
ちなみに私自身はティムのサインをもらったことはない。今さら恥ずかしい。なのでせめてブログにこの画像を残しておくことにする。

[PR]

by maestro_k | 2006-10-29 23:30 | diary