撮り比べ

Canon PowerShot S70とPanasonic LUMIX TZ3。どちらも28ミリ相当で撮影。

S70
f0056516_2317165.jpg
TZ3
f0056516_23175697.jpg
画面比率が違うのはTZ3のマルチアスペクトを3:2に設定しているからだ。
S70の方がやや青みが強く出ているが、解像感に関してはこのサイズで見ても特に差は感じられない。
画面の一部を切り取って100%表示してみる。

S70
f0056516_23203370.jpg
TZ3
f0056516_2321333.jpg
S70の方が解像感と立体感がある。これは
・S70の方がCCDサイズが大きい
・S70は3.5倍、TZ3は10倍ズームレンズ
ということでS70の方がより画質面で有利な設計になっているからだ。よってTZ3にはちょっと気の毒な比較なのだが、少しばかりモワッとしているからといってTZ3の美点が損なわれるわけではない。デジタル一眼レフで10倍ズームレンズを使うことを考えたらTZ3のコンパクトさと歪曲の無さはとても優秀だ。ただしTZ3の歪曲補正にはカメラ内の画像エンジンによるソフト的補正も加えられているらしく、ズルと言えばズルだが、レンズ固定のコンパクトカメラならではの手法なのでアリだろう。

キャスケット、公園デビュー。
f0056516_2340165.jpg
『いとしの儚』を観に新国立劇場へ。数年前、井川遥主演による『HAKANA』はパルコ劇場で観た。横内謙介さんの本は構成がしっかりしていてムダが無く、物語がストレートに伝わってくる。正直言って鬼とか森とかの妖し系は昨今の舞台ではあまりに多過ぎ、食傷気味であるのだが、この作品は10年前に書かれたものなのでその非難は受けるに当たらない。
[PR]

by maestro_k | 2007-03-26 23:11 | photo/camera