いだだだだ

昼食のスバゲティのためにミートソースをレンジで温める。器を取り出そうとしたらツルッと手から滑り、ラグマットの上に熱々のミートソースがビシャッとぶちまけられた。

あーあ。

あぁーあー。

テンションが一気に低下。深々とため息をつきながら後始末。ソースがあちこちに飛散し、立てかけてあった木枠のハンモックの帆布も汚れ、洗ったばかりのシーツにもポチポチと斑点が。
ミートソースめ。大して美味くもないくせに。

さてボールを買うにあたりHP検索したところ、マリアの心臓のすぐ近くに店舗発見。地図を確認すると、良く利用するコンビニの二階だった。なんだあんなところにあったのか。
「PLAYERS」というその店はスポーツ用品店というよりバスケグッズ専門店で、品揃えが面白かった。バスケ界の超メジャーブランドであるナイキ製品はほとんどおいておらず、メインはAND1。ナイキは他の店にまかせて、よりディープな商品を提供しようというコンセプトのようだ。
で、お目当てのボールはスポルディングのものが1260円で置いてあったので即決。

早速、某屋外バスケコートへ。
先客で若い男のコ三人、女の子一人の四人組みがいたがフリースペースなのでひと言かけさえすれば大丈夫だ。ひとりで黙々とシュート練習。先日の筋肉痛がまだ残っているので無理はしない。
つもりだったのだが。
30分ほどして先客に仲間がひとり増えたようで、私に3on3に参加しないかと声をかけてきた。私もシュート練習に飽きてきたので快諾し、試合開始。
前半15分くらいは快調だったのだが、後半途中で左ヒザとウラももに痛みが。バスケは脚を痛めると飛べないし走れないしステップの踏み込みもできなくなるので話にならない。向こうのリーダーっぽい男のコが気を遣ってくれてゲームセットとなった。あー情けない。

結局私が何者で、なんのためにひとりで練習しているのかも明かさぬまま、有り難うと言って去る。
f0056516_2065245.jpg
そんな訳でとても左脚が痛い。運動不足ゆえの自業自得だ。まあ二週間もやっていれば慣れるだろう。あくまでも自己満足だけれど、舞台でのプレーはなくとも監督だってそれなりにバスケはできた方がいいし、体力作りにもなるから怪我さえしなければマイナスではないはず。
[PR]

by maestro_k | 2007-10-25 20:15 | diary