フル稼働

朝ご飯も食べず、昼からバスケ練習。

終了後、脚本校訂せねばと池袋でカフェを探す。
と、零号機を預けた店から電話。
「やっぱりエンジン焼き付いてるみたい。もうボロボロだと思います」
やっぱり盛岡帰省で無理をさせてしまったのが悪かったのだろう。で、どうすればいいの?
「生産終了で珍しい車種なので、純正部品で直すと時間とお金がかかりますねえ。別のを買う方が…」
え?廃車ってこと?買って八ヶ月で!零号機だって相当無理して買ったのに、もう一台なんてとても無茶な相談だ。
「でも一応考えがあるんで、またご連絡します」
是非是非考えて欲しい。

ハアアーとため息をついて、早くカフェに入ろうと思いつつも何か心に引っかかる。
私は今週忙しい。確かに今から脚本校訂するのも忙しい要素のひとつだが、もっと忙しいはずだ。なんだっけ。何があったっけ。
…わ、思い出した!夕方からありすちゃんとこの洋服撮影するんだった!
カフェに行っているどころではない。急いで部屋に戻り、バッグに機材を詰め込む。

急いで部屋に戻る途中の風景。
f0056516_1512179.jpg
ヒシ餅っぽい色合い。

当然電車で向かい、サクサク撮影。途中で脚本催促の連絡、某撮影企画のスケジュール確認の連絡、美味しいスイーツに関する問い合わせなどに応対しつつ。そして件のお店からは「ご提案したいことがあるんで連絡ください」と留守電が。何だ。何を提案してくれるんだ。金なら無いぞ。もう懸案事項満載で頭がグチャグチャになっている。

思考停止寸前の脳を部屋に持ち帰り、ヒイコラと脚本校訂。なんとか今晩のノルマは果たした。明日は明日でまた別種のノルマがある。落ち着け。ひとつひとつやっつけるのだ。
[PR]

by maestro_k | 2007-11-07 02:09 | diary