よろめくチアキスト

Fairywishの撮影時のオマケ画像。
f0056516_041295.jpg


さて通し稽古。止めながらの通しは既にやってあるが、ノンストップでに本番通りの流れでやったのは初めて。試合の流れがややこしく、私も含めロストした部分が多々あったし、全体的な精度はまだ高いとは言えない。しかし現状で上手く行く方が却って危うい。今のウチに危機感を持って確認作業ができた方が良いのだ。たぶん。
しかし実際通してみると選手役のキャスト達からは本気の汗がダラダラボタボタと滴り落ちていて本当にしんどそうだ。本番では衣装こそバスケのユニフォームだけれど、暖房の効いた劇場で照明を浴びながら動き回る訳で、脱水症状に陥らないか心配だ。これを10日間で18ステージか。頑張れ若者たち。
能登さんと話していたのだが、稽古場に付きもののリポDの類いがこの現場にはない。皆カップヌードルばかり食べて元気に動き回っている。やっぱり若いからだろうか。その代わりエアーサロンパス臭が充満しているけれど。

ところで終演後のハイタッチには私も参加を命ぜられている。私とハイタッチしても面白くないだろうが、ご希望ならソフトタッチもハードタッチもニュータッチでも可である。もっとも、観劇日がお目当てのキャストの当番でなくても心配はいらない。観終わった後にはキャスト全員のファンになっているはずだから。
あー、良い事言ったな。
[PR]

by maestro_k | 2007-12-13 23:22 | diary