EOS 5D

ニコンが銀塩事業を縮小し、コニカミノルタに至っては撤退。デジタル一眼レフが普及してからはキヤノンの一人勝ち状態だ。かくいう私もKiss DNを使っているが、特別キヤノンファンと言うこともない。レンズなどシグマだったりオリンパスだったりと節操がなく、要は使いやすければよい。ただニコンよりキヤノンの方が中古レンズの相場が安いので機材の揃え易さでは有利。
Kiss DNはエントリーモデルだが、A4のチラシを作る程度なら充分だ。ただし、ご存知のように多くのデジタル一眼レフ同様、受光部が35ミリフィルムより狭いAPSサイズなので、せっかくのレンズのイメージサークルの中央部分しか使えない。食パンの耳を捨てているようなものである。狭いサイズに合わせたレンズもあるが、優秀なレンズはフルサイズ用が主だから、その性能を発揮させるためにも本当はフルサイズのカメラを使いたい。
で、受光部がフルサイズとAPSサイズではカメラの値段が全く違う。これはメカ部分の差もあるけれども、何より受光素子の値段の差による。受光素子を製造するステッパーという機械があるのだが、これが一発で素子を作れるサイズがAPSで、フルサイズになると二度の手間をかけなければならない。すると当然失敗率が高くなり、コストがかさむ訳だ。最近、このステッパーが新開発されたらしく、フルサイズの受光素子が一発で作れるようになった。それによってコストが下がり、普及機にもフルサイズ素子が搭載された。
それが昨年発売されたEOS 5Dである。
現在、私の欲しい物ランキング二位。
普及機と言っても30万以上するので、ちょっとした中古車並。カメラにこだわりがあるか裕福な人でないと買う気にはならないだろう。それでも今までのキヤノンのプロ用フルサイズ機は100万近かったから随分安くなったのだ。サラリーマンがボーナスで買おうと思えば買える値段。私にはボーナスなどないので月に5本テレビCMが入ったりしない限り買えないのだが、こういうのは意外と買えないまま店頭でいじくっているのが楽しかったりする。
シャッターユニットはEOS 20Dのものを基本に開発したということで、シャッター音は20Dに似ている。私はKiss DNの方がシャキッとした音で好きだが、それはまあいい。なによりフルサイズ1280万画素というのが必要にして充分だ。A3チラシでもいける。ボディの大きさもちょうどいい。
いずれにしろ、いろいろ支払いが滞っているものが沢山あるので、買えるようになるのは数年先だろう。そしてその頃にはまた買えない値段の新機種が出ているのだ。
ひとまず、手持ちのKiss DNを使い倒すつもり。
[PR]

by maestro_k | 2006-02-12 20:03 | photo/camera