歯医者

バファリンプラスのおかげで何とか安眠できた。
そして歯医者へ。何年ぶりだろう。午前中に飛び込みで行ったら「15時半に来て下さい」と追い返される。そういえば歯医者って予約して行くものだったな。
買い物など済ませたあとに出直し。問診のあとレントゲンを撮られる。あれね、歯の裏で黒いパッチみたいなのを指で押さえるのとかいまだに変わらないのね。昔と違うのはレントゲン写真が治療のイスに設置してある液晶モニターに写し出されて、非常に明確な説明が受けられた事だった。
「この部分が炎症を起こしてますねえ」
ほほう。
「麻酔無しでやっちゃいますね」
え?
チュイーン、グガガガガ!と、本当に麻酔も無しで削られ、ボロッと詰め物を取られる。ガリガリと中を削られる。特に痛くはない。
綿を詰められ、抗生物質を渡されて今日はおしまい。
「膿んでいたのを削ったので、だいぶ楽になると思いますよ」
だといいのだけど。次回は来週。

大急ぎで某舞台企画打ち合わせへ。
スケジュールは決定のようだ。しかし肝心な企画内容がなんだかとんでもない方に向かっていて、いや自分にとって有り難いのは確かだが、冗談なのか本気なのか良く判らない。個人的には相当な不安を感じるけれども、実現したらたいそう愉快だろう。まあ私は現場の人間であるから興行的な部分はエキスパートにお任せし、自分は自分に任された事を全うするだけだ。

再び大急ぎで稽古場へ。脚本の修正作業が昨日でほぼ終わったので今日からはズンズンと立ち稽古が進んで行く。稽古期間に余裕があるとは言えない状況なので早めにセリフを入れねばならないが、今回はなかなか覚え辛い種類のホンだ。

衣装の名村さんが来ていたので帰りに二人でデニーズ。もうバファリンプラスはなくても平気だ。凄いな歯医者。引っこ抜いて消しゴムはめなくて良かった。
[PR]

by maestro_k | 2008-03-05 23:59 | diary