モノブロック!

モノブロックストロボを二個購入。
f0056516_12543228.jpg
スタジオ撮影用ストロボには多灯ストロボとモノブロックストロボがある。

多灯型は車のバッテリーのようなジェネレーターから灯体がニョロニョロと複数出ている。モノブロックはモノ(ひとつの)ブロック(固まり)という名前の通り、ジェネレーターと灯体が一体化したもので、アンプ内蔵スピーカーのようなものだ、
使いやすさや性能から言えばジェネレーターで各灯体の光量調節ができる多灯型の方が上なのだが、なにしろ高い。ジェネレーターひとつで4、50万するのだ。いくらなんでも充電と調光機能だけでそんな値段は法外だと思うのだが、洗濯機のように一家に一台というものでもないから需要数を考えると仕方がない。

一方モノブロックは多灯型より安い。まともなものは高いのだが、最近はデジタル一眼隆盛のおかげか、アマチュア向けの安価なものも売られている。購入したものはその中でも最も安いが、自室で撮る分には充分過ぎるくらいだし、今まではフジヤカメラのジャンク館で買った1000円ストロボでまかなっていたのだから随分な進歩だ。コンセントさえあればこれまでの乾電池使用のものより大きな光量が安定して得られるので、撮影時の心配事がひとつ減らせる。
これで機材での言い訳は出来なくなった。あとは腕だな。
[PR]

by maestro_k | 2008-05-13 19:24 | photo/camera