取材

昼から雑誌の取材。マリアさんの舞台は各方面に興味を持っていただいているようで、最近こういういわゆるイケメン雑誌に顔を出す機会が増えた。小劇場界では私もイケメンの部類だったはずなのだが、そんなものは所詮「原付で最速」という程度であって、リッターマシンに囲まれるとどうしようもない。あくまでも作・演出家として出ているのでイケメンである必要はないのだが、イケメン雑誌に載ってる以上、私も仕方なくイケメンということでゴリ押ししてゆこう。

カメラマンさんが「今日は湯澤さんを撮るためにコンタックスのレンズをつけてきました」という。具体的に言うとコンタックスマウントのカールツァイス・プラナー 1.4/50をアダプターを介してオリンパスのE-3に装着していた。おお嬉しいではないか。

祈るカマキリ。
f0056516_0443281.jpg
帰宅後、相変わらずモワモワする脳でなんとかコラムを書き上げた後、脚本の修正。7分くらいはタイトになったかな。
[PR]

by maestro_k | 2008-10-02 00:48 | diary