下見

昼過ぎからアプルの下見。アプルは正式表記も発音もアプルなのだが、舞台スタッフさんたちの中では「アップル」と呼ぶのが通らしい。なんでだろう。
アップライトと聞いていた劇場のピアノが実は小型グランドと判明し、少し慌てる。今回はピアノ等による生伴奏も何曲か入る。舞台袖の狭いアプルにおいてはピアノの置き場所も大きな問題なのだ。もともとグランドがいいなあとは思っていたのだが、アップライトという情報を元に芝居を考えていたのでいろいろ変更が生じる。しかし弾きやすさと音色は断然グランドの方が勝っているので、今回の舞台にとってはプラス要素だろう。

次いで昨日の予習をしたところの仕事。思ったより手間取ってしまった。もうちょっとサラッと出来た方がカッコいいのだけど、クリエイティブな現場でサラッと済む事はほとんどない。

微妙に風邪気味な気がするので、カコナールを二本飲んで今日はもう寝る!
[PR]

by maestro_k | 2008-10-05 18:54 | diary