もうすぐですな

本日の稽古が終わって、残りの稽古日数は三日間となった。
それぞれのシーンの芝居はほぼ出来上がって来ており、後は固めていったりちょっと微調整したり。私のアンダー振りもなかなか板についてきた。はず。ただしやっとフランス語の歌詞を覚えたと思ったら風邪になってしまったので、いまだ本調子で歌えていないのがもどかしい。鼻が通らないというのは歌うにあたって本当に具合が悪い。

今回のオリジナル五曲はどれも良い曲だと私は思っている。そりゃクラシックやジャズの名曲に紛れて自作曲を入れ込むという図々しい行為はそう思ってないとできないのだが、中でも一幕終わりのデュエットは歌い手も聴き手もヒートアップするような、激情的な、非常に演奏効果の高い楽曲だ。そして二人につけられたステージングも無駄に暑苦しくて、稽古場で何十回見てもえらい面白い。稽古場とアプルでは全然広さが違うけれど、二人のほとばしり感はきっと劇場でも十分に伝わるのではないだろうか。
[PR]

by maestro_k | 2008-11-05 23:57 | diary