iPod交換/ZO-3/撮影

買ったばかりのiPodが不調だった。本体のイヤフォンプラグ部分が接触不良なのか、非常に微妙な調節をしながらイヤフォンを差し込まないとまともな音が聴こえない。
昨日サポートセンターに電話をしたところ、本体を送りつけて交換すると一週間かかるが、銀座か渋谷のアップルストアに持ってゆけばその場で交換可能だと言う。すぐに渋谷店に向かう。しかし予約が必要だと言われた。そんなことサポセンの電話では教えてくれなかったなあ。仕方なく昨日は予約だけ済ませ、改めて今日行って来た。どれだけ私を振り回すのだiPod。
「ああ本当ですね、申し訳ありません」
とカウンターのスタッフの女性はすぐに不具合を認めて交換品を持って来てくれた。
そして今は快調。

新宿へ。撮影用の小道具としてエスニックな一人用ソファをリサイクルショップで見つけてあったのだ。しかしすでに売れていた。一ヶ月前に見つけて、昨日もあるのを確かめてあったのに一日で消えてしまったのだ。取り置きしておいてもらえば良かったな。
気落ちして自宅に向かい、念のために近所のリサイクルショップを覗くと、値札のないZO-3が置いてある。ZO-3とはフェルナンデスが出しているスピーカー付きエレキギターで、まあオモチャのようなものだ。値段を訊くと「電池まわりの回路が外れていて、ハンダ付けしないと音が出ないので」八千円だという。ハンダもハンダごても持っているので衝動買い。
f0056516_2573646.jpg
ハンダ付けしたらちゃんと鳴った。ZO-3はいろいろなヴァリエーションが発売されていて、これはおそらく一番シンプルなファーストモデル。さてどうカスタムしてやろうか。
[PR]

by maestro_k | 2008-12-05 03:00 | diary