カテゴリ:photo/camera( 65 )

久しぶりに

EOS 5D Mark2を持ち出す。
実はマリアさんのチラシ撮影時、メインレンズであるEF24-70mm F2.8Lが落下破損の憂き目に合い、修理の為にしばらく手元になかった。先日キレイに直されたものが戻って来たので、そのテストも兼ねて。

表参道の八重桜。
f0056516_22493462.jpg
一部を等倍で切り出し。
f0056516_22553080.jpg
改めて見ると凄い解像力。相当端っこの方なのに。

それはさておき、昨日ローライのケースの吊りヒモが千切れた。60年前の物だから革が劣化しているのも当然だ。ヒモはケースにカシメで留められており、一度バラして打ち直さないといけない。

できた。
f0056516_23331458.jpg













仲良くツーショット。
f0056516_23343068.jpg
思うに、国や鉄道が擬人化されてアニメになっているのだから、カメラだって全然いけるのではないか。

5D「ローライさん、何故ダメなんです」
ローライ「君の気持ちはもちろん嬉しいよ。しかし僕とはあらゆる面で違いすぎる」
5D「もう我慢できない。見て下さいズームがどんどん望遠寄りになってきました」
ローライ「おやおや。そんなになるなら、f11くらいまで絞った方がいいんじゃないかね。ほら」
5D「嗚呼!そんなに絞られたら被写界深度が、」
ローライ「どれ、プレビューボタンを押してみようか。ふうん、こんなになってしまって」
5D「お願いです、シャッターを、シャッターボタンを押して下さい」
ローライ「そんなことは出来ないよ。せいぜいセルフタイマーで我慢するんだね」

まあ、こんなのではないと思うけど。
[PR]

by maestro_k | 2010-04-25 23:59 | photo/camera

寄る

ローライMXにクローズアップレンズを装着して近接撮影テスト。
二眼レフは近接撮影には強くない。単体だと80~100cm程度までしか寄れない。それ以上近づきたい時はクローズアップレンズを装着するのだが、一眼レフと違って近づくほどにファインダー像と実際の撮影画像のズレが大きくなるのでフレーミングに気をつけなければならない。

この時代のローライは10枚羽根の円形絞りなので、点光源のボケがまん丸でよろしい。
f0056516_12464074.jpg
ポジでは花の紫がキレイに出ているのだが、デジカメで複写したら白っぽくなってしまった。デジカメの赤と紫に対する弱さはいつ改善されるのだろう。
f0056516_12472097.jpg
ローライのテスト撮影は一通り済ませた。あとは実戦投入といきたいところだが、今どき仕事でフィルムを使わせてもらえることはまず無い。誰か捕まえてポートレイトでも撮るか。
[PR]

by maestro_k | 2010-04-25 13:13 | photo/camera

こんどこそオフ

前日夜に稽古オフの知らせ。実に二週間ぶりの休み。

昨日の仕事前のカフェにて。
f0056516_0215988.jpg
今日のカフェにて。
f0056516_0224298.jpg

昨日の仕事前にテスト撮影した、フレクサレットでの写真。
f0056516_0203727.jpg
f0056516_021278.jpg
いいんじゃないでしょうか。
最近寝不足気味なので、もう寝る。
[PR]

by maestro_k | 2010-03-24 23:59 | photo/camera

怪奇!増殖・二眼レフラー!

Nくんを連れて新宿へ。二眼レフを買わせるため。ヤシカフレックスAを見つけ、レンズと機構に問題がなかったのですんなり購入。貼り革が劣化してビキビキになっているが、革ケースは非常に綺麗だし、外箱まで付いている。革は好きに張り替えればいいだけなのでお買い得だったのではないだろうか。

私もついでにスメナ8Mを買う。1000円のジャンク。
f0056516_23421290.jpg
プレートの文字が消えかかっており、レンズ部分にガタつきがあるが撮影には支障ない。後で裏蓋を開けたら二本のビスが緩んでいて、締めたらガタつきは治った。
このスメナはユルユル系カメラで有名なロモ製で、中古カメラ屋ではオモチャ扱いで通常は3500円程度。しかし実はレンズが優秀でとても良く写る。

で、プラプラ撮って歩く。Nくんにいろいろ教えつつ、私は調整したスーパーシックスのピント確認と、スメナのテスト撮影。
一通り撮って、カフェにて現像待ち。

テスト結果。
スーパーシックスの無限遠を拡大。
f0056516_23563390.jpg
ちょっとポワンとしているが、あえて絞り開放で撮ったためで、ピンボケではないようだ。

f8まで絞ったもの。
f0056516_23574421.jpg
いーんじゃないでしょうか。ピント調整成功。

というわけで、本調子のスーパーシックスの写真。ちょっと大きめに。
f0056516_031939.jpg
f0056516_035157.jpg
一方、スメナのプリント。
f0056516_0101515.jpg
案の定、ムダに良く撮れている。
Nくんの撮ったものも上出来で、良い二眼デビューを飾れたのではないだろうか。女の子を撮りたいそうなので、撮られるに値すると思う方は立候補してみたらよいだろう。
着々と二眼レフラーが増えつつある。次は誰にしよう。

帰宅してから、スメナにも革を貼ってみる。ハンズで398円のヘビ革。別にヘビやトカゲの革が好きなわけではないのだが、薄いから貼りやすいのだ。
f0056516_0143820.jpg
鮭の皮を張ったみたいになってしまったな。まあいいいや。

さて、カメラで遊ぶ日々もおしまい。次の稽古が始まる。

[PR]

by maestro_k | 2010-03-10 23:34 | photo/camera

写真教室

二眼レフに興味津々だったKくんをそそのかし、カメラを買わせる事にした。
新宿西口の「新宿中古カメラ市場」へ。ここは今どき99%フィルムカメラしか扱っていないという超硬派な店である。まずは一万円台の物をと考えていたが、Kくんはどうせなら少し高くてもしっかりした物を買ってしまおうとのことで、陳列されていた中で最も綺麗なヤシカマット124Gを購入。これは国産二眼レフの中でも一番最近まで生産されていたもので、それだけに操作性や機能が完成しており、かえって初心者には良いかも知れない。

フィルムも購入し、カフェにていろいろと操作方法の伝授。私も二眼レフに詳しい訳ではないし、機種ごとに微妙な操作の違いがあったりするので自ら勉強しつつあれこれと説明する。
そのまま新宿御苑に向かい、テスト撮影会。

黒猫発見。早速狙いを定めるKくん。
f0056516_227939.jpg
あっけなく逃げられる。

それでも早咲きの桜や御苑の風景などを撮り終え、堀内カラーに現像に出す。
二時間後に上がって来たポジは失敗カットもあったけれど、初めての撮影としては上々だったのではないだろうか。何本か撮っていけばカメラの露出のクセもつかめ、失敗はほとんどなくなるだろう。そもそも初マニュアルカメラとして二眼レフを買い、いきなりポジで撮影というのはえらく高レベルなスタートなのだ。

今後、こんな調子で二眼レフ仲間を増やしてゆく予定。
[PR]

by maestro_k | 2010-02-25 22:21 | photo/camera

とても良く写る

ローレルフレックスの最初のテスト撮影ポジが上がって来た。フィルムはプロビア100F。ポジで撮るなんて二年ぶりくらいじゃないかしら。掲載画像はデジカメで複写しただけなので、本当はもっとシャープに写っていること、色味も微妙に異なることをお断りしておく。

近所のネコ。
f0056516_21393652.jpg
新宿西口のビル。
f0056516_21405017.jpg
フィルム挿入時の撮影枚数表示のリセット方法を理解しないままテストしてしまったので、フィルムセット確認用の赤い小窓を開けっ放しにして光線漏れがあったり、巻き上げ忘れで一コマに三枚多重露出してしまったりと、無知ゆえの散々な結果。まともに写っていたのは半分ほどしかなかった。しかしおかげで正式なフィルムセットの仕方も、正しい巻き上げ方も判明。
写りそのものは大変立派で、モノクロが当たり前の時代のレンズだけれど、ポジで撮っても何の問題もなかった。

デジカメで気軽に撮れる現代とは違い、一枚一枚を大切に撮影していた時代のカメラで撮影するのは何とも言えない緊張感がある。露出を計り、絞りとシャッター速度を決め、左右逆像のファインダーでフレーミングし、ルーペを覗きながら慎重にピントを合わせる。それがとても楽しい。
[PR]

by maestro_k | 2010-02-11 22:25 | photo/camera

ローレルフレックス

昨日、人からいただいた二眼レフ、ローレルフレックス。
f0056516_21514886.jpg
名前はまるでローライフレックスのパクリのようだけれど、バッタもんではなく、東京光機製のまともなカメラだ。レンズはシムラー75mmF3.5、シャッターはセイコーで最高速1/500秒という、当時の他機種に比して高級仕様。
箱や取扱説明書もキレイに保管されて、それには32500という、おそらく価格と思われる数字が記されている。これが定価かどうかは判らないが、発売当時(1953年)の標準的な二眼レフはサラリーマンの平均月収と同程度の2万円強で、このカメラがそれより高価だったのは確かだろう。

巻き上げのクランクレバーはなく、ノブをグリグリ回す。もちろん露出計もついていない。カラー写真が一般的でない時代なので、レンズのコーティングもモノクロ前提。

TOKYO APARTMENT CAFEのあげパンハニー。
f0056516_2320681.jpg
アイスが付くのは予想外だったのでちょっと嬉しかった。

さて、「ユリイカ」から依頼されていた6000字の原稿をそろそろ仕上げねばならない。スーパーユザワ人になって5分で片付ける。ことができたらいいのにな。
[PR]

by maestro_k | 2010-02-06 23:22 | photo/camera

なんだこれ可愛いな

ペンタックスのOptio I-10。
http://www.pentax.jp/japan/imaging/digital/compact/optio-i-10/feature.html
f0056516_154577.jpg
スペック的にはごく普通のコンパクトカメラで、取り立てて凄い機能もなければ、逆に取り立ててダメなところもない。マクロでの最短撮影距離が8cmというのはブログ用にケーキを撮るにはやや不満だけれど、まあ何とかなるだろう。

何と言っても魅力はこのデザインで、味気ないシガレットケースみたいな物が多いコンパクトデジカメの中ではかなり思い切ったフォルムで好きだ。実売価格が二万円台というのも意外に安い。発売は二月下旬という事なので、自分への誕生日プレゼントにしよう。
[PR]

by maestro_k | 2010-01-28 23:59 | photo/camera

備えあれば

EF70-200mm F2.8L USM、およびエクステンダー ×1.4のテスト撮影。ボディはEOS 5D MarkⅡ。
シャッター速度、絞り、ISO感度等は面倒なので割愛。

まず70-200mm単体での望遠端200mm。
f0056516_128312.jpg
中心近くのピクセル等倍。
f0056516_128491.jpg
問題なし。

鳥。
f0056516_1291850.jpg
ピクセル等倍。
f0056516_1295022.jpg
問題なし。

次に、エクステンダー装着時の望遠端280mm。
f0056516_131839.jpg
噴水の先端をピクセル等倍。
f0056516_1315294.jpg
問題なし。

ついでに、エクステンダー装着時の広角端98mm。200mm以下ならレンズ単体で撮るのがセオリーだが、ステージの撮影中にエクステンダーを脱着しているヒマはないので、たぶん付けっぱなしになるだろう。
f0056516_1331150.jpg
ピクセル等倍。
f0056516_1342267.jpg
問題なし。

というわけで首尾上々にて終了!
f0056516_1444420.jpg

[PR]

by maestro_k | 2009-12-12 23:59 | photo/camera

北上/盛岡

16日、北上へ向けて出発。
新宿の金券ショップに立ち寄ると、バラ売り回数券はお盆前後は使用不可なのだと言われ、その代わりJRの株主優待券なるものを勧められる。一枚1500円で、二枚使用で切符代が4割引になるのだそうだ。

北上に到着し、迎えの車で喜久盛酒造まで。広い敷地に立派な母屋と醸造場があった。

庭のごく一部。以下、写真は全てEOS 5DにツァイスのプラナーT*1.4/50 ZE。
f0056516_22522723.jpg
白壁の小屋は離れのトイレである。

あくび。
f0056516_22534999.jpg
撮影は恙無く終了。わざわざ持ち込んだストロボであったが、自然光の方がはるかに上がりが良かった。

撮影後、醸造場を見学させてもらう。
f0056516_22552233.jpg
人の背丈を遥かに越える大きなタンクがいくつも並んでいた。
f0056516_2391765.jpg

壁のカビ。
f0056516_22563736.jpg
これは衛生管理に不備があるのではなく、わざと残しているもので、壁のカビの生え方によって各蔵元の酒の味が決まって来るのだそうだ。なるほどねえ。

晩御飯の焼肉をごちそうになった後、東北本線で盛岡へ。約二年ぶりの実家へは23時に到着。

翌日。
起床して、墓参りなど済ませた後に盛岡探索。のはずが、あまりに暑くて歩き回る気力なし。ドトールでアイスコーヒーを飲んでボンヤリする。

叔父の経営する『中華そば古川』へ。姉と二人の甥っ子とともに。
f0056516_2313319.jpg
開店四年目にして私は初めての来店。シンプルでなつかしいラーメンで良かった。盛岡へお越しの際は是非お立ち寄り願いたい。岩手県民会館そば、北ホテルの斜向い、内丸ビル2Fにある。

姉の車で市内を回る。
母校の盛岡一高玄関。
f0056516_2318987.jpg






























白亜記念会館。
f0056516_23244599.jpg
高校の敷地内にあるこの建物の二階で私たちは演劇部の稽古をしていた。この日も稽古していたら見学させてもらうおかなと思っていたのだが、電気もついておらず。もう稽古場としては使っていないのかも知れない。写真だけとって戻る。

光源社にて休憩。光源社には民芸品店やカフェがある。カフェは混んでいたので中庭のテーブルで一服。
水に小石を落として遊ぶ甥っ子二人。
f0056516_23313562.jpg
この直後、建物の中から顔を出したおじさんに「石入れちゃダメだよ!」と怒られた。

駅まで送ってもらって、夕方帰京。駆け足だったけれど、つかの間の岩手の夏は楽しかった。
[PR]

by maestro_k | 2009-08-18 23:44 | photo/camera