カテゴリ:photo/camera( 66 )

性懲りもなく

ジャンクレンズを買って来た。
本当は別にお目当ての難有り激安レンズがあったのだが、店に行ったら売れていた。腹いせに替わりの掘り出し物を見つけたのだ。
EF50mm F2.5 コンパクトマクロ キヤノンの現行品のレンズがジャンク扱いなのは珍しい。現行品だけあって、ジャンクでも6,700円した。
マクロレンズというのは接写用に設計されたもので、主に花とか虫とかの撮影を念頭に置いて作られている。しかし接写というのはボケる範囲が大きいため、ボケ味も綺麗になるように考慮されている。だからポートレイトなどにも向いているのだ。これはめっけもんである。

外観は至って綺麗。さて、ではどこがどうジャンクなのか。
f0056516_0415513.jpg
ベローン。絞り羽根が外れてしまっている。確かにジャンク。
羽根になにやら穴らしきものが見える。ここがポイントっぽい。
f0056516_0445295.jpg
キヤノンのHPでレンズの構成図を確認。前玉を外してみる。
はっきり言って、直す自信なし。
f0056516_0462351.jpg
絞り輪付近を外そうとしたら「ペシッ!」と全ての羽根が一気に外れた。
ああ、羽根の重なり具合を事前に確かめられなかったのは痛い。
f0056516_0521164.jpg





左が通常の羽根、右が飛び出してた羽根。
白い小さなプラスチック部品が外れていた。よく中に残っていたものだ。
まずプラスチック部品をエポキシボンドで接着。
ここから試行錯誤。
本当は仕事で書かなきゃならない脚本をふたつ抱えているが、そんなことはすっかり忘れている。
薄くて軽くてデリケートな羽根を、騙し絵の階段状に重ねて行く。
無数の失敗を重ねながら、あーでもないこーでもないと3時間。
そしてあるとき急にピシッとはまった。お、もしかしていけるんじゃないの?
とりあえず元通り組み立て、カメラに取り付けて動作確認。

まずこれが絞り開放状態。
f0056516_101281.jpg
で、絞ってみると、作動した!
f0056516_113454.jpg

意外に直せるものだと我ながら感心。
試写。ノートリミングでそのまま縮小。マクロレンズはここまで大きく写せるのだ。
もっとも、最近のコンパクトデジカメでも充分接写に強いけど。
f0056516_132686.jpg

さて、このレンズどうしようか。なにせ極小部品をエポキシで補修しているので、またいつ壊れるか分からない。フジヤカメラの査定だと中古買い取り額が並品で16,000円。中古屋では外観の審査と動作確認はするけれども分解検査まではしない。おそらくその値で売れるだろう。およそ一万円のもうけになる。明日試し撮りで遊んでから売ってしまおうかな。
[PR]

by maestro_k | 2006-05-24 01:30 | photo/camera

さてさて

昨日レンズを分解清掃した私が今日は何をするかと言うと、当たり前のように試し撮りだ。
嗚呼、ご隠居爺さんの年金生活みたいな暮らし、どうにかならないのかしら。


はい近景。これは何の花?椿でいいの?f0056516_18515053.jpg
花芯部拡大。おひたしにしたら美味しそうだ。思いのほかちゃんと写る。f0056516_18534580.jpg
中景。

f0056516_1964513.jpg
遠景。コクドビルに映る代々木体育館。f0056516_19114226.jpg
EOS Kiss DNでは、28-80ミリのレンズの画角はフイルムカメラの44.8-128ミリ相当。数字だけ見ると広角が足りないように思えたが、意外と平気。もともと私は広角に興味がないようだ。これなら17-40は売り払って24-70とか24-105に買い替えても良いかも知れない。

ついでにf0056516_19224824.jpg仕事をさぼって(?)
タバコ吸ってた女の子。
変な色のポルシェ・カレラ。でも結構素敵。f0056516_19265199.jpg
にらめっこっぽい顔の車。
赤いビキニパンツにも見える。
f0056516_19275117.jpg

2,100円でちゃんと写るではないか、とお思いだろう。確かに散歩用だったら不足はない。
では散歩以外の場合で何が不足するのか。試しにフォルクスワーゲンのマークを拡大してみる。
f0056516_19362273.jpg
反射部分に紫っぽいフリンジが発生している。これが普及用キットレンズの限界だ。サービス判でプリントして皆に配るだけなら分かりっこないのだが、チラシやらでA4サイズまで大きくすると明らかになる。お高いレンズになるとこういう部分までがケアされて、きっちり整った描写になるのだ。そういったプロ仕様のレンズは、
・道具としての使い良さ
・堅牢性
・品質保持のための国内生産
などのコストアップ要素が加わり、画質以上に価格が高くなる。
もっとも、重箱の隅をつつく気がなければ現在の国内メーカーのレンズはどれも充分優秀だ。ジャンクで2,100円の廉価ズームと中古でも8万円以上する高級ズームで、撮った写真に価格と同じ40倍の差があるかと言うと、ない。何でもそうだが、性能と値段は比例せず、二次曲線のように跳ね上がって行くものだ。私と竹野内豊のギャラの差はたぶん100倍以上だが、演技力の差は10倍くらいだろう。他の部分で一万倍の差があるので、100倍程度の差は有り難いくらいだと思っている。

[PR]

by maestro_k | 2006-05-17 20:27 | photo/camera

カビ退治

ジャンクレンズを買って来た。
EF28-80mm F3.5-5.6 IV USM
池袋ビックのカメラ館中古コーナーで2100円。
デジタルではない、フィルムカメラのEOS Kissのキットレンズ。だったはず。

f0056516_22564951.jpg外観はなかなか綺麗。
携帯での撮影なので画像がショポイのはご容赦。


f0056516_232429.jpgで、なぜジャンクなのか。後ろから覗いてみる。
カビ!!!
糸クズみたいなのがレンズに生じるカビなのだ。
結構酷い状態。


f0056516_2352750.jpgということで分解清掃。


f0056516_2374721.jpg前玉群の最後尾。
カビよ、何が楽しくてレンズを喰うのだ?


f0056516_2384599.jpgエタノールで拭き取って清掃&消毒。
綺麗になった!


f0056516_23113245.jpg組み立てて、もう一度後ろから覗いてみる。
ちょっとホコリが混入。まあ問題ない。

結構よい買い物をしたのではないかしら。手元に望遠域のレンズがなかったのでちょうど良かった。本当はもっとマシなものが欲しいのだが、ひとまずこれで遊んでみよう。2100円のレンズで撮られたいモデル募集。
[PR]

by maestro_k | 2006-05-16 23:48 | photo/camera

レンズテスト

今回はカメラ・レンズに興味のない方は読み飛ばしていただいて結構。

昨日の試写にて、使用レンズのボケが小さく思われた。可能な限りボカす撮り方を試してみる。
比較のためレンズは二本。
レンズA…キヤノンEF17-40ミリF4L →結構いい部類のズーム。現在のメインレンズ。
レンズB…オリンパスG.ZUIKO50ミリF1.4 →とても昔の標準レンズ。ジャンクで2千円。

関係ないけど、真上からだとちょっと面白かった。守護霊ってこんな視線?
f0056516_1265871.jpg
これも関係ないけど、表参道のシャノアールが閉店。ショック!
デ・プレ、ラミルに続き、表参道の御用達カフェ消滅は三つ目。
f0056516_130453.jpg

で、ボケ味テスト。なぜかポケットに指輪が入っていたので道ばたの木の看板に乗せる。
誰の指輪かを明かすと物議を醸してしまう、までもなく自分の指輪だ。
f0056516_1371320.jpg
おお、ボケてるじゃない!しかも綺麗に。

はい花。花同士が近いのでそれほどボケてくれない。f0056516_1443976.jpg
と、ここまでは全てレンズA。レンズBに交代。とりあえずボケることは間違いないレンズ。
f0056516_1471574.jpg
絞り開放でブワブワ。確かにボケてるのだけど、均一でない、乱視気味のボケ。

もう一度レンズAに。これくらい接写すると、やっと上の画像と同じくらいのボケ量に。
ボケ味はAの方が綺麗。値段が全然違うから当たり前だけど。
f0056516_1575674.jpg
背景ボケを作るには、「出来るだけ望遠・出来るだけ絞りを開く・できるだけ接写」の三つを実行すれば良い。ただ、指輪や花の場合ならかなり接写できるが、人間だと目と鼻くらいしか写らぬほどに近いことになってしまう。人の上半身を入れ込むとここまで背景はボケない。ちょっと考えどころ。

今週、DVD鑑賞とテスト撮影しかしてない。まさしく下等遊民な日々!
と言ってばかりもいられなくなってきた。働かないと2ヶ月後には一文無しになってしまう。
こんなに仕事がないとは、どれほど世の中に必要とされていないのか。
存在の必然性は自分で作ってゆかねばならぬだろう、という気持ちで二十代の頃は支えて来られたが、認められないまま芝居や歌を無理矢理やってきて、もう矢は尽きてしまったよという思いもあったり。
タフでありたいとは思うけれど、もはや晩年なのかも知れない。
ならばもっとやけっぱちに生きようかな。残りの人生、すごい高級シャンプーしか使わないとか。
[PR]

by maestro_k | 2006-05-13 03:08 | photo/camera

最近の画像

と言っても食べ物ばかり。

f0056516_20383053.jpg 久しぶりにアニヴェルセルに行ったらカフェオレが900円になっていた。
高いよ!
山頭火で大盛りが食べられるではないか。

Kくんに誘われて入った、三軒茶屋の屋台のフォー。美味しかったのだが、直前に焼き肉で満腹だったので平らげることは出来なかった。f0056516_2040684.jpg


f0056516_2042514.jpg ラフォーレ裏、エクストリームカフェのナントカショコラ。これは美味しかった。是非お試しあれ。


f0056516_20441222.jpg
ラミルのコーヒーゼリー。
まあ、普通。
[PR]

by maestro_k | 2006-05-08 20:49 | photo/camera

EOS 5D

ニコンが銀塩事業を縮小し、コニカミノルタに至っては撤退。デジタル一眼レフが普及してからはキヤノンの一人勝ち状態だ。かくいう私もKiss DNを使っているが、特別キヤノンファンと言うこともない。レンズなどシグマだったりオリンパスだったりと節操がなく、要は使いやすければよい。ただニコンよりキヤノンの方が中古レンズの相場が安いので機材の揃え易さでは有利。
Kiss DNはエントリーモデルだが、A4のチラシを作る程度なら充分だ。ただし、ご存知のように多くのデジタル一眼レフ同様、受光部が35ミリフィルムより狭いAPSサイズなので、せっかくのレンズのイメージサークルの中央部分しか使えない。食パンの耳を捨てているようなものである。狭いサイズに合わせたレンズもあるが、優秀なレンズはフルサイズ用が主だから、その性能を発揮させるためにも本当はフルサイズのカメラを使いたい。
で、受光部がフルサイズとAPSサイズではカメラの値段が全く違う。これはメカ部分の差もあるけれども、何より受光素子の値段の差による。受光素子を製造するステッパーという機械があるのだが、これが一発で素子を作れるサイズがAPSで、フルサイズになると二度の手間をかけなければならない。すると当然失敗率が高くなり、コストがかさむ訳だ。最近、このステッパーが新開発されたらしく、フルサイズの受光素子が一発で作れるようになった。それによってコストが下がり、普及機にもフルサイズ素子が搭載された。
それが昨年発売されたEOS 5Dである。
現在、私の欲しい物ランキング二位。
普及機と言っても30万以上するので、ちょっとした中古車並。カメラにこだわりがあるか裕福な人でないと買う気にはならないだろう。それでも今までのキヤノンのプロ用フルサイズ機は100万近かったから随分安くなったのだ。サラリーマンがボーナスで買おうと思えば買える値段。私にはボーナスなどないので月に5本テレビCMが入ったりしない限り買えないのだが、こういうのは意外と買えないまま店頭でいじくっているのが楽しかったりする。
シャッターユニットはEOS 20Dのものを基本に開発したということで、シャッター音は20Dに似ている。私はKiss DNの方がシャキッとした音で好きだが、それはまあいい。なによりフルサイズ1280万画素というのが必要にして充分だ。A3チラシでもいける。ボディの大きさもちょうどいい。
いずれにしろ、いろいろ支払いが滞っているものが沢山あるので、買えるようになるのは数年先だろう。そしてその頃にはまた買えない値段の新機種が出ているのだ。
ひとまず、手持ちのKiss DNを使い倒すつもり。
[PR]

by maestro_k | 2006-02-12 20:03 | photo/camera