出演情報(終了しました)

●2008年5月11日(日)
恋月姫+野波浩 展覧会にてCaccinica演奏会
at parabolica-bis[パラボリカ・ビス]
start 19:00 ¥3000
詳細はこちら
[PR]

by maestro_k | 2008-05-11 23:59 | music

ヌーマイク

購入。
f0056516_23391812.jpg
AKGの「elle C」という女性ボーカル用のコンデンサーマイク。マイクは顔の近くにあるものなのでボーカリストにとっては音質とともにそのルックスも大切だ。私をカメラオタクと勘違いしている人は多かろうが、実はそれ以上にボーカルマイクオタクである。楽器にはいろんなデザインがあるのにマイクはあまりヴァリエーションがないのが不満だった。これは女性向けという事で随分スッキリしていてよろしい。スッキリし過ぎていたので首元のあたりにデコレーションをしてみた。当然Caccinica用に買ったのだが、Ayaちゃん帰国はもうちょっと先なのでしばらく使う機会がない。黒色すみれにでも貸して使用感をレポートしてもらおうかと思っている。

さてこの一週間は芝居の稽古をしつつ、キルフェボンでタルトパーティーをしたり、
f0056516_2350125.jpg
ディードくんに呼ばれたイベントでは風邪薬を飲み過ぎてグッタリしていたり、
f0056516_23514053.jpg
天窓での3月生まれパーティーに参加したり、
f0056516_02128.jpg
カフェでセリフを覚えようと思ったのに「創聖のアクエリオン」を何度も聴いていたりした。
f0056516_23543422.jpg
アクエリオンはメロディラインが常にピヨピヨと動いていて、キッチリ歌おうとするとなかなか難しい。歌う予定は全くないのだが、音があやふやなところがあると自分が気持ち悪いので最近はしょっちゅうブツブツとつぶやきながら歌っている。おかげでセリフが全然覚えられない。
[PR]

by maestro_k | 2008-03-16 23:59 | music

出演情報(終了しました)

Caccinica演奏会

5月19日(土)atマリアの心臓
Open19:00/Start19:30 ¥2800+1drink¥300(人形観覧料込み)
チケットは当日13時より会場にて販売。

Caccinica 2nd mini album『七面鳥』の購入はこちらから
f0056516_21123543.jpg

[PR]

by maestro_k | 2007-05-19 23:59 | music

出演・演奏情報(終了しました)

★黒色すみれ&Caccinica演奏会★(※SOLD OUT!新規お申し込みはキャンセル待ちとなります)
12月29日(金)「灯しびで焼くか焼けるか七面鳥」at西荻窪アトリエカノン
Open18:30/Start19:30 前売3500円/当日4000円(ともに1ドリンク付き)

当日の編成 Vocal・湯澤幸一郎/Vln・Sachi/Piano・Aya/Cello・青月泰山

チケット予約→ ticket@kokusyokusumire.net
(件名「チケット予約・12月29日」、本文「1.演奏会期日、 2.枚数、 3.氏名」を記入)
40名限定。「すみれの天窓」店頭でチケットご購入の方には特製ポストカード進呈。

Ayaちゃん独逸より一時帰国につき、2年?3年?ぶりのフルメンバーで演奏いたします。



★Caccinica演奏会★
2007年1月4日(木) at 南青山MANDALA
Open18:30/Start19:30 ¥3600(with 1drink) ※受付開始は18:00くらいからの予定。

当日の編成 Vocal・湯澤幸一郎/Vln・Sachi/Piano・Aya/Cello・青月泰山

チケット発売開始 12月11日(月)
チケット購入・予約方法↓
南青山MANDALA店頭で購入、もしくはmaestro_k@excite.co.jpまでメールにてご予約ください(お名前と枚数を明記のこと)。また「すみれの天窓」店頭でも予約受付いたします。
予約のお客様は当日の受付にて清算となります。
[PR]

by maestro_k | 2007-01-04 23:59 | music

出演・演奏予定(終了しました)

★ユザワ出演★
12月8日(金)『*pnish* on vol.5』にゲストとして出演。at 全労済ホール/スペース・ゼロ(新宿)
ロビー開場18:00/客席開場18:30/開演19:00



★Caccinica出演★
12月9日(土)『夜会 〜崇高なる倒錯的美意識〜』にて演奏 at ラフォーレミュージアム原宿
Open14:30/Start15:00/Last18:00(出演は16:30前後の予定)
f0056516_1335769.jpg

[PR]

by maestro_k | 2006-12-09 23:59 | music

Caccinica演奏会(終了しました)

※チケット発売開始時間が13時に変更になりました。お気をつけ下さい。

10月28日(土)at 渋谷・マリアの心臓 
f0056516_157237.jpgf0056516_2117910.jpg
Open19:00/Start19:30 ¥2800(人形観覧料込み)
チケットは会場にて当日13時より整理番号付きで販売いたします。

当日の編成 Vocal・湯澤幸一郎/Violin・Sachi/Cello・青月泰山

お問合せ◆マリアの心臓 03-3780-9818/info@mariacuore.com

今回は『少年愛の美学展』での演奏ということで、フライヤーにビョルン・アンドレセンを(もちろん無断で)あしらってみた。本当は高畠華宵や山本タカトの美少年画を使いたかったが、マリアと関係が近過ぎて色々問題がある。もしくはアンドレセンに匹敵する美しさだった14,5歳のころの私の写真でも良かったが、残念ながら手元になかった。

追記・タカト氏画のオフィシャルポストカードが手に入ったので、合わせてアップしておく。14,5歳の私の姿は、ほぼこの絵の通りだったと思ってもらってさしつかえない。
[PR]

by maestro_k | 2006-10-28 23:59 | music

好きな声

今年2月撮影。日記の内容とは無関係。
f0056516_22385039.jpg
ここひと月くらい、ふたつの曲が頭の中で鳴り続けている。

高橋洋子の『魂のルフラン』と、柴田淳の『幻』。
前者は劇場版エヴァの『シト新生』のエンディングで、後者は何クールか前の昼ドラの主題歌。

彼女たちの、表現しすぎない、余白を残した声質と歌唱が好きだ。

もちろん個性的な声で素晴らしい歌を歌う人たちもいるが、自己表現にとどまり、歌世界の表現に至らない場合も多い。私は高橋洋子や柴田淳がどんなキャラクターなのか知る気もないし、異性としての興味もゼロだ。会ってみたら判らないけど。彼女たちの声や表現の「何でもなさ」が聴き手の思い入れを容易にしており、これが山崎バニラのような声だったら声の個性がノイズとなって、歌の世界がクリアに見えて来ない。10代の若い聴き手なら歌世界より歌い手の即物的な魅力に飛びつくのだろうが、いい加減いろんな音楽を聴いて来ると、じゃあその先はどうなのということになってくる。

私は自分の話し声が特徴的なので余り気に入っていない。ファルセットになると幾分普遍性が増すのでそちらで歌う方が気分は良い。何でもない声と歌唱に至りたい。つまらないくらいの。
[PR]

by maestro_k | 2006-10-08 22:40 | music

Caccinica演奏会

9月9日(土)at マリアの心臓(終了しました)

Open19:00/Start19:30 ¥2800(人形観覧料込み)
※マリアの心臓『幽霊展』(9月9日〜10月9日)のオープニングイベントとして演奏いたします。
チケットは会場にて当日16時より整理番号付きで販売いたします。

●展示幽霊絵師…宇野亜希良/山本タカト/横井まい子/天野翼/玉村のどか/天野麻衣/山口椿
●妖鬼人形師…恋月姫

お問合せ◆マリアの心臓 03-3780-9818/info@mariacuore.com
[PR]

by maestro_k | 2006-09-09 19:30 | music

チェリオSweetKiss

昨日戸川純を聴いたので、YouTubeで彼女の動画を探してみた。「戸川純」で検索するとイモヅル式にいろいろ見られる。
大半は当時購入したビデオで見た事のあるものだったが、初見のモノも結構あった。ヒットスタジオでの『レーダーマン』などは知らなかった。私が中学校の頃、盛岡でヒットスタジオは見られなかったのだ。

なかでも貴重品はゲルニカとして出演した「チェリオSweetKiss」のCMだ。CMソングとして『銀輪は唄う』が使われ、テレビで彼女の歌声が流れたのはこれが最初ではないかと思う。私はなぜかこのCMをずっと「7up」のものだと記憶違いをしていた。真相が知れて良かった。しかし家庭でのビデオ普及率がまだ低かった'80年代前半のCMが良く市井に残っていたものである。録画していた人はよっぽどのファンだったのだろう。
知っていたモノも初めてのモノも、次々観ているうちに泣けてきた。

ナイロン100℃の『すべての犬は天国に行く』という、女優のみによる公演に彼女は客演した。私はその公演で初めて肉眼で彼女を観た。もうそれだけで胸が潰れそうになって、ケラさんや他の出演者には申し訳ないが、芝居の内容はさっぱり憶えていないのである。楽屋に挨拶に行っても戸川さんに会いたいなどとは口が裂けても言えず、他の女優さんとお話ししながら、ああ扉の向こう数メートルにあの人がいるのだと思ったら心の均衡が取れなくなって、さっさと飲み会に移動してしまった。
また会えるチャンスが廻って来るかどうかは判らない。もしその時が来たら私は彼女の前で泣いてしまうかも知れない。

[PR]

by maestro_k | 2006-08-12 19:32 | music

Caccinica演奏会

f0056516_232479.jpgkoitsukihime doll exhibision「人形月」にて演奏。

7月8日(土)
Open19:00/Start19:30
¥2,800(人形観覧料込み) at マリアの心臓
※チケットは会場にて当日16時より整理番号つきで販売。

お問合せ 03-3780-9818 info@mariacuore.com

万が一ご存知ない方がいらっしゃる場合のために。
恋月姫は現代において日本はおろか、世界を代表する人形師である。耽美表現においては大先輩にあたるので友人というのはおこがましいのだが、なぜか仲良くしてもらっている。調子に乗って劇団の舞台美術をお願いした事もある。彼女の産み出した人形たちに囲まれて演奏するCaccinicaは幸せである。そしてその演奏を聴く人たちも幸せにできれば、これ以上の喜びはない。とりあえず来ていただければ、耽美とはどういうものかが判ってもらえるはずだ。

[PR]

by maestro_k | 2006-07-08 23:56 | music