カテゴリ:stage( 39 )

出演情報(終了しました)

●2009年9月15日(火)
Caccinica演奏会「ブリキの月の寄り道にて」
at 南青山マンダラ 
Open18:30/Start19:30 ¥3700 with 1drink(通し券¥7000)
出演:Counter tenor 湯澤幸一郎/Violin Sachi/Piano Aya/Cello 青月泰山

チケットに関して:14日の黒色すみれ演奏会との通し券あり。1日券、通し券ともに「新宿ゴールデン街・喫茶すみれの天窓」「南青山マンダラ」で販売中。
*当日の入場は「新宿ゴールデン街・喫茶すみれの天窓」「南青山マンダラ」でチケットをお買い上げのお客様が先となります。(整理番号順)
[PR]

by maestro_k | 2009-09-15 23:59 | stage

出演情報(終了しました)

●2009年7月25日(土)〜8月2日(日)
「真夏論 -macaron-」出演

「真夏論-macaron-」公式ブログ
【会場】 新宿村LIVE
【料金】 ¥4,000(全席指定) ※前売・当日共
【チケット発売】 2009年5月30日(土)

チケット取り扱い:カンフェティwebにて販売
パソコンの方→ http://confetti-web.com/ticket/ticket.asp?G=tw00at14&S=090725
携帯の方→ http://cnfti.com/met1383/
※事前にカンフェティへの会員登録(無料)が必要になります。
※ご予約後、セブン-イレブンにてお支払い・チケット受け取りとなります。

制作:TWIN-BEAT
お問い合わせ:TWIN-BEAT 090-4248-8908
[PR]

by maestro_k | 2009-08-02 23:59 | stage

廉価版DVDのお知らせ

『マグダラなマリア』初演の廉価版DVD(本編のみ)が発売決定となった。詳細以下。


【タイトル】
マリア・マグダレーナ来日公演『マグダラなマリア』
~マリアさんのMad (Apple) Tea Party~
【品番】
MJBD-70783
【仕様】
DVD1枚組(本編のみ)
【発売日】
2009年9月5日(土)
【価格】
3,990円(税込)/3,800円(税抜)
【発売・販売】
発売・販売:株式会社マーベラスエンターテイメント

マーベラス・オンライン
http://online.mmv.co.jp/prd_list.php?ID=1060
こちらのサイトで予約・購入いただきますと、
本作品の「オリジナルA5クリアファイル」をプレゼント!
(※なくなり次第終了となります)


だそうだ。二枚組が高くて買えなかったという人には是非おすすめである。
ところでクリアファイルってA5なのか。A4だとDVDケースよりでかくなるからな。
[PR]

by maestro_k | 2009-07-13 01:50 | stage

出演情報(終了しました)

●2009年5月28日(木)〜6月7日(日)
タカイズミプロジェクト Vol.2
『SECOND LESSON ~カエルの王子が導く超個人的恋愛作法~』出演

f0056516_22483180.jpg
会場 青山円形劇場
作・演出 高泉淳子
美術・衣装 宇野亜喜良
出演 高泉淳子 山本光洋 雨蘭咲木子 遠藤守哉 湯澤幸一郎 藤原祐規 高島玲 / Loic GARNIER
料金 ¥5000 全席指定
前売開始 4月25日(土)

Time table ※開場は開演の30分前
5月28日(木) 19:00
  29日(金) 19:00
  30日(土) 15:00
  31日(日) 15:00
6月 1日(月) 休演日
   2日(火) 19:00
   3日(水) 19:00
   4日(木) 19:00
   5日(金) 19:00
   6日(土) 15:00
   7日(日) 15:00

チケット取扱い/
電子チケットぴあ 0570-02-9999(Pコード 394-599) http://pia.jp/t/
e+(イープラス) http://eplus.jp/
ローソンチケット 0570-084-003(Lコード 35421)
         0570-000-407(オペレーター対応)

お問い合わせ/
こどもの城劇場事業本部 tel:03-3797-5678
遊機械オフィス tel:03-5458-8720 fax:03-5458-8710 mail:ykz@mba.sphere.ne.jp http://www.yukikai.co.jp/
[PR]

by maestro_k | 2009-06-07 23:59 | stage

出演情報(終了しました)

●2008年11月30日(日)
Caccinica演奏会
at マリアの心臓 open 19:30 / start 20:00 ¥3100 with 1drink
前売なし。当日13時より会場にて整理券付きチケット発売。詳しくはこちら
※マリアの心臓では久しぶりの演奏会。『マグダラなマリア』が薄味過ぎたという方は、是非この演奏会で耽美の原液を堪能していただきたい。
[PR]

by maestro_k | 2008-11-30 23:59 | stage

あー歌った

昼にすみれの天窓でCaccinicaリハ。
ちょっと早めの集合にしたので、途中メロンを食べたり、小屋入り前にチーズケーキカフェで茶を飲んだりと随分優雅な演奏当日となった。

会場には100人ほど。知人キャストも多数。
久しぶりのフルメンバーはたいそう気分良くやれた。演奏時間そのものは短くないと思うが、もう少し歌の曲数があってもいいかなとも思う。Caccinicaの曲は声量を求められるドラマチックなものが多く、カウンターテナーにとって負担がかかるラインナップになりがちだ。幾分軽めのものも入れ込んでメリハリをつければもっと充実させられる気もする。
新曲も作りたいねと随分前から言っているけれど、ヒマがなくてなかなか実現しない。しかし今回は舞台用のオリジナル曲を新規でひとつ演奏できた訳だから、やろうと思えばやれるのだ。久しぶりに作曲作業をした勢いでCaccinica用の新曲も生まれてくれば良いな。

ご来場の皆様ありがとうございました。

[PR]

by maestro_k | 2008-10-08 07:57 | stage

出演情報(終了しました)

◆Caccinica演奏会

9月24日(月・祝) at マリアの心臓
Open19:00/Start19:30 ¥2800+1drink¥300(人形観覧料込み)
チケットは当日13時より会場にて販売

Caccincaが最近さっぱり演奏会をしないのはピアニストAyaちゃんが独逸留学中だからだ。カラオケでの演奏ではお客さんに申し訳ないし、演奏する側にも刺激が無いので、自然と演奏機会が減っていた。
そのAyaちゃんが年頭以来の一時帰国なので、ひさびさにフルメンバーでやっておく。球体関節人形の超名作たちに囲まれ、日本耽美音楽の最深部を覗いていただきたい。
[PR]

by maestro_k | 2007-09-24 23:59 | stage

出演情報(終了しました)

◆ユザワ独演会『巴里っぽく歌う』
2007年7月21日(土)・22日(日) atマリアの心臓
Open19:00/Start19:30 ¥2800+1drink¥300(人形観覧料込み)
チケットは当日13時より会場にて販売

「シャンソンを歌え」とのことだ。シャンソンにはあまり明るくない。のでシャンソンじゃないものも歌うかも知れない。とりあえず巴里っぽく歌ってみればごまかせるのではないかともくろんでいるが、巴里に行った事が無いので良く判らない。来て下さる方々がパリジェンヌっぽかったらなんとかなるかも知れないので、そういう感じで。
[PR]

by maestro_k | 2007-07-22 23:59 | stage

出演情報(終了しました)

◆『マグダラなマリア』

2007年6月8日(金)・9日(土)・10日(日) atマリアの心臓
Open19:00/Start19:30 ¥2800+1drink¥300(人形観覧料込み)
チケットは当日13時より会場にて販売

ウィーンの歌手で女優で高級娼婦のマリア・マグダレーナ嬢が歌ったり朗読したりトークしたり踊ったりバク転したりホルンを吹いたりのうち、ふたつかみっつくらいはやるかも知れません。Caccinicaの曲も歌うし、それ以外の曲も歌う予定。
[PR]

by maestro_k | 2007-06-10 23:59 | stage

レミゼラブ・ル

本日オフ。
夜に『レミゼラブ・ル』を観にアプルへ。ほぼ知り合いばかり出ている。ので客席にも知った顔がちらほら。

ナイロンの廣川さんのジャン・バルジャンが非常に良い。
野間口くんがマリウス、高木珠里ちゃんがコゼット、吉本菜穂子さんがエポニーヌで、どう考えてもコントな面子なのだが、瀕死のエポニーヌの前でマリウスがコゼットに指輪をはめるシーンは「ああマリウスよ、君の愛はなんと残酷なのか!」と不覚にも泣きそうになった。
小村さんのジャベールが「生き残るのはお前だ!」と自ら真っ赤に燃える原発の中に消えてゆく場面はこれ以上無いくらいカッコいい。
のっぴきならない人間の本質を描いたものはどんなにナンセンスにいじられようと強いし、いじられ方が上質ならより楽しめる。気になる点はいろいろあるのだけれど、小劇場的メンツでこれだけのものを作り上げたことをまずは讃えたい。よくやった。

終演後、加藤直美ちゃんと互いの妄想話を延々語り合う。
f0056516_4531553.jpg
「スッピンなので」あえて小さく、暗く、ブレたものを。
[PR]

by maestro_k | 2007-04-09 05:09 | stage