<   2006年 08月 ( 27 )   > この月の画像一覧

チェロが入る

深夜にすみれの天窓でCaccinicaのリハ。
前回の演奏会の時にチェロ奏者のタイザンくんをさっちゃんが紹介してくれた。タイザンというのは本名で、まだ表記は知らない。彼を加えての初めての合わせをする。
私は歌手にしても器楽奏者にしても「3歳からやっている」とか「音大を卒業した」などと言われても全くアテにしない。人前で演奏できるか否かはまた別の問題で、実際に聴いてみない限り、おいそれと「一緒にやりましょう」などとは言えない。そういう点ではとても慎重だと自分で思っている。というか自分がヘタなので他がちゃんとしてないとマズいのである。
で、タイザンくんは一緒に出来そうだということに。ちなみに就職で今年上京してきたばかりの22歳。新米の電通マンである。

とても久しぶりに体重を計ったら57キロだった。2年前より10キロ減。これはひどい。それでも今年いっぱいは痩せ続けるしかないようだ。
[PR]

by maestro_k | 2006-08-22 04:53 | diary

お仕事っぽい日

9月に出演する舞台のパンフ撮影。珍しく午前中に部屋を出る。
自前の衣装を「かっこいい」と「カジュアル」の2パターン持ってくるよう言われたのだが、私の「かっこいい」の概念が他のキャストと余りに乖離していることが判明。ストリート系の中に、ひとりだけ80年代ニューロマ系であった。まあいいや。
この舞台では私は最年長になるらしい。20歳くらいのコたちもいてみんな異常に元気だ。ギャートルズの肉でもムシャムシャ食べてそう。

15時過ぎに終了。恵比寿は久しぶりだったので歩くことに。

Amapola。
f0056516_203228.jpg
7年前、代官山にある「Strawberry Fields」の倉庫でバイトしていた。このイタリアンレストランの1000円のランチには月に一回だけ、給料日の贅沢として行っていた。

ヴィヴィアンのように当時と変わらない店もあれば、全く新たな店も。へえー、と感慨を深めながら渋谷まで。そしてそのまま慣性の法則で表参道へ向かう。暑いのに。
宮下公園通過。

カバ・ウサギ・キツネ。
f0056516_20224411.jpg
この公園の住人たちのヴィジュアルは、揃って残念な結果となっている。真ん中のウサギにとても良く似た人がいるのだけど、思い出せない。

暑さから逃れカフェでパタリロを読んでいると、事務所から電話。声域を教えろという。
手元に楽器ないし、絶対音感ないし、時報でも聴いてAをとろうかと思ったら、バッグの中になぜか音叉が。ラッキー。
測定の結果、中央Cから上下に11度の3オクターブだった。意外と普通。

一週間ほど前から新曲が頭を廻り、まとまりつつある。ただしCaccinicaにもひとりオペラにも使えない曲。さて、どう活かしてやろうか。
[PR]

by maestro_k | 2006-08-18 20:36 | diary

祈りと諦念

おねがいします
おねがいします
おねがいします

どんなに祈ってもダメなときはダメなのだ、ということは誰でも知っている。
でも、もう、そうするしかないときもある。
祈りと諦念は真逆ではない。
諦念は祈りの化石なのだ。

あー、このフレーズ芝居か歌に使えば良かった。
[PR]

by maestro_k | 2006-08-16 22:57 | diary

ウソがひとつあります

お盆で東京に人が少ない。一年中お盆ならいいのに。
昨日は一日引きこもっていた。運動の為に外出。と言っても池袋まで自転車で行くだけなんだけど。

我が家のキッチン。半年ほど人を招いていないのでこざっぱりしたものだ。
f0056516_21433976.jpg
二日前の写真。千駄ヶ谷近くの花屋。赤を電球光で撮るのはなかなか難しい。
f0056516_2139996.jpg
自宅近くにローバーミニの専門中古屋がある。この青はミニカーみたいで可愛い。
68万か。劇団やってなければ買えてるのに。免許ないけど。
f0056516_21481971.jpg
上の三つの写真の説明のうち、ウソがひとつだけ含まれています。
正解者には、それは永遠の輝き・ロイヤルアッシャーダイアモンドを。

さて、お気に入りのコムデギャルソンのワイドパンツがあるのだが、そのポケット内側が破れてからだいぶ経つ。今晩こそは補修しよう。
[PR]

by maestro_k | 2006-08-16 22:01 | diary

過去作3

今日は非ヌードを。
f0056516_038871.jpg
『くろねこのはなし』東京初演時のチラシ写真。12年前くらいか。
上下に線が入っているが、これは額の保護ガラスの影。写真とガラスが癒着してしまっており、無理に剥がそうとすると破れるのでガラスごとスキャンした。

自分で撮った写真をチラシにしたのはこれが最初。キャストだった大学の後輩を大学の中庭で撮影した。衣装は「装苑」に型紙が載っていたジェーンマープルの完コピ。
使用カメラはペンタックスSPF、レンズはSMCタクマー55mm F1.8。私が初めて使った一眼レフだった。
[PR]

by maestro_k | 2006-08-16 01:08 | photo/camera

過去作

特筆すべき事なし。

たまには人物写真を。
f0056516_22363062.jpg
あるひとから一年以上カメラを借りっ放しだった。今年の3月に返す機会があったので、お礼替わりにこの写真のプリントを額に入れてプレゼントした。
私はお気に入りなのだが、相手がどう思ったかはよく判らない。

[PR]

by maestro_k | 2006-08-13 22:51 | photo/camera

チェリオSweetKiss

昨日戸川純を聴いたので、YouTubeで彼女の動画を探してみた。「戸川純」で検索するとイモヅル式にいろいろ見られる。
大半は当時購入したビデオで見た事のあるものだったが、初見のモノも結構あった。ヒットスタジオでの『レーダーマン』などは知らなかった。私が中学校の頃、盛岡でヒットスタジオは見られなかったのだ。

なかでも貴重品はゲルニカとして出演した「チェリオSweetKiss」のCMだ。CMソングとして『銀輪は唄う』が使われ、テレビで彼女の歌声が流れたのはこれが最初ではないかと思う。私はなぜかこのCMをずっと「7up」のものだと記憶違いをしていた。真相が知れて良かった。しかし家庭でのビデオ普及率がまだ低かった'80年代前半のCMが良く市井に残っていたものである。録画していた人はよっぽどのファンだったのだろう。
知っていたモノも初めてのモノも、次々観ているうちに泣けてきた。

ナイロン100℃の『すべての犬は天国に行く』という、女優のみによる公演に彼女は客演した。私はその公演で初めて肉眼で彼女を観た。もうそれだけで胸が潰れそうになって、ケラさんや他の出演者には申し訳ないが、芝居の内容はさっぱり憶えていないのである。楽屋に挨拶に行っても戸川さんに会いたいなどとは口が裂けても言えず、他の女優さんとお話ししながら、ああ扉の向こう数メートルにあの人がいるのだと思ったら心の均衡が取れなくなって、さっさと飲み会に移動してしまった。
また会えるチャンスが廻って来るかどうかは判らない。もしその時が来たら私は彼女の前で泣いてしまうかも知れない。

[PR]

by maestro_k | 2006-08-12 19:32 | music

ミュージック・プレイヤー

先日買った804SHにはミュージック・プレイヤー機能がついている。今どきのはみんなそうらしい。
この機種にはご丁寧に外部リモコンとステレオイヤフォンまで付属している。所有のポータブルなデジタル・オーディオ・プレイヤーがMDウォークマン止まりだった私にとっては、ちょっとしたiPod替わりになる。
秋葉原で買った512MBのminiSDカードで試してみた。ちなみに1700円ちょっとと、異常に安かった。
PowerBookからミケランジェリのドビュッシーとCaccinicaと戸川純アンソロジーのデータを移植。さすがにイヤフォンは取り替えた。聴いてみた感じは悪くなく、執筆等のBGMには充分だ。
これで、初めて会う人に「どんな音楽をやってるの?」と訊かれた時、答えに困らなくて済む。

KAPA CAFEのほうじ茶ミルクスムージー。
f0056516_23141988.jpg
何だか、甘いもの日記になってない?

スムージーを飲みながら戸川純を聴く。
私が彼女の音楽と出会ったのは中学二年のときだから、もう21年前だ。…えええー!
岩手のローカルな音楽番組にゲストで来た彼女が『レーダーマン』を歌っていた。その姿を観て、私の中のニューウェーブ魂がバチバチバチッ!と目覚めたのである。
『母子受精』や『マロニエ読本』etc、全部歌える。80年代に姉の部屋の大きなステレオで一所懸命聴いていたのを思い出した。幻想と妄想にまみれた、いびつな美少年だった。美少年だった。二度言ってみた。

ああもう、86歳の老人になりたい。
何人かの年寄り仲間とズルズル茶をすすり、ずっと黙っている。ときたま、ありもしない思い出話をして笑い、諦念と平穏のうちにスッと心が消えてサヨナラ。
[PR]

by maestro_k | 2006-08-11 23:49 | diary

激怒

カフェ・ド・クリエのピーチミルクレープ
f0056516_035668.jpg
見た目普通だが、一番上のクレープがカピカピに乾燥しており、フォークを突き立てたら一気に潰れた。舌触りも当然ザラザラで食べられたモノではない。
ムガー!
「あのねえ、ケーキって、基本的に嗜好品な訳じゃない?美味しくあるべきなのは当然として、ケーキを食べるっていう行為自体が精神的なゆとりをもたらすもんだと思うわけ。それが回転寿司で30分以上クルクル回ってたようなミルクレープ出されたんじゃガッカリだよ!コンビニの棚でプラスチック容器に囲われてるケーキの方がよっぽどマシだよコレじゃ。こんなの客に出すなんて失礼でしょ。取り替えて!」
とはとても言えず。
でも、もうこの店ではミルクレープ食べてやらない。

ホントにね、私にマズいもん(特にケーキ)喰わせたらタダじゃおかないよ。
[PR]

by maestro_k | 2006-08-11 00:27 | diary

なんだかんだ言って今月も働いてない

KAPA CAFEのショコラ・フリュイ。
f0056516_2315716.jpg
チョコレートは食べない。嫌いではないが、カカオがノドを腫らすからだ。
ひとに勧められた時は味見程度になら食べる。チョコレートケーキはカカオの含有量が多くない(と思われる)ので食べる。ホワイトチョコレートは問題ない。
そういえば今年のバレンタインって、一個もチョコをもらわなかったな。

さて「ひとりオペラ」はものすごくゆっくりと作りはじめた。なぜゆっくりかというと、なにせオペラの作り方を知らないのだ。とりあえず必要なのは台本と曲だが、どちらを先に作るものなのかも判らない。
順序立てて考えると、
・大まかなストーリー
・アリアの数など、構成を決定
・台本執筆
・作曲&台本修正
こんなところだろうか。今のところはこの順序を無視して、メロディーを思いつくと携帯のボイスレコーダーに録音したりしている。

ああ中華を飽きるほど食べたい。
[PR]

by maestro_k | 2006-08-09 23:47 | diary