<   2007年 08月 ( 10 )   > この月の画像一覧

ブツ撮り

本日私はOFF。
ラフォーレの前を通過したら、シュヴァンクマイエル展をやっているらしかった。行かなければ。

夜から小林ありすちゃんのアトリエでFairy Wish新作のブツ撮り。
アトリエにはモヘジというブサイクなチンチラがいて、私は初対面だ。見慣れない人間が来たからか興味半分恐さ半分の様子で、近づくと逃げる。撮影してると構って欲しいのかレンズの前を横切ったりする。それでもまだ私は嫌われていない方で、人によっては逃げたっきり一切姿をみせなくなったりするらしい。
延々撮り続けて0時半に終了。

トルソーの腕。
f0056516_210316.jpg
今さらだけどバックの布が上下逆さまの気がする。まあいいか。

シャービックは複数の方々からの情報により手に入れる事が出来た。感謝する。
[PR]

by maestro_k | 2007-08-28 02:16 | diary

カメラ、シャービック&ガリガリ君

ニコンがとうとうフルサイズを出した。
その二日前にキヤノンがフルサイズ最高機種の第三世代を発表し、そちらは2000万画素超。一方ニコンは1200万画素で、フルサイズにも関わらず同時発表の下位機種より画素が少ない。たぶんニコンではこれをフラッグシップにする気はないのだろう。画素は少ないけれどいろいろ工夫を凝らした機能が満載で、ニコン凄いなと素直に思えてしまう。
どっちにしろプロでもない私に買える値段ではないので指をくわえているしかない。それよりキヤノンの5Dの後継機が出て現行機が安くなることを期待していたのに、今回は見送りのようだ。

シャービックが欲しかった。しかし売っていない。稽古場への道すがら、それっぽい店に寄ってみるもどこにも置いていない。どうしたシャービック。発見した方はご一報を。

稽古。まだ台詞のほとんどはあやふやだが、すべき事とすべきでない事が自分の中で徐々に整理されて来た。

稽古場にあったガリガリ君を食べたら当たりが出た。もっと違うところに運を使いたい。

そういえば山口小夜子が亡くなった。栗山千明よりはるか以前から黒髪パッツンの美しさを世界に知らしめた人。勅使河原三郎とのコラボレーションは私の美学に少なからず影響を与えた。一度会ってみたかった人のひとりだったのでとても残念。
[PR]

by maestro_k | 2007-08-24 23:12 | diary

ロケ/宵待草

小林ありすちゃんのFairy Wish秋冬新作の撮影。
暑いので夕方からの撮影となったのだが、案の定モデルのさっちゃんは遅刻。日没まで時間がないのに。
宵待草、井の頭公園内、ウサギ館とまわって撮影。宵待草とウサギ館はどちらも画家で人形作家の吉田キミコさんの所有。宵待草は8月いっぱいでカフェとしての営業を終了し、その後はギャラリーとして残すそうだ。当初は取り壊しの可能性もあったが、どんな形にしろあの素敵な建築が残るのは喜ばしい。

ウサギ館は素敵なクレープ屋だった。味もボリュームも上々。皆行くがいい。井の頭動物園の前の公園通りを入って行くと、やがて右手にある。
f0056516_0483494.jpg
f0056516_0514138.jpg

[PR]

by maestro_k | 2007-08-15 23:59 | photo/camera

まだ暑い

池袋と渋谷でそれぞれ野暮用を足す。
それにしても暑い。赤道か。用事がなければ本当に外出したくない。シリアでは「日向を歩くのは犬と外国人だけ」という言葉があるらしいが、こんな天気で日向を歩いている人は本当に頭がおかしい。

さっさと帰宅してフォンダンショコラに再挑戦。いろいろいただいたアドバイスを活かしつつ。
f0056516_20434211.jpg
ダイセーコー!

ついでにシャービックメロン味も冷凍中。
[PR]

by maestro_k | 2007-08-10 20:47 | diary

暑いんじゃボケ!

どうも世の中暑いらしいという事は薄々感じていて、外出は日が落ちてからが多くなっていた。今日は9月の舞台の読み合わせがあるので久しぶりに昼から外に出る。

終了後、たまらず安カフェでアイスティー。
f0056516_057274.jpg
画像くらい涼しげにしておかないと。
中森明菜『セカンド・ラブ』、『スローモーション』、『キャンセル』を三回ずつ聴く。なぜかナイトメアの『This is Halloween』も三回。そのうち聖子組と明菜組に分かれてカラオケ大会をしたい。

夕方からすみれの天窓でダラダラ涼む。
七戸優さん製作のウサヘッドを撮影用に拝借してきた。
f0056516_123831.jpg
エロ耽美ウサギって、どう撮ればいいんだろう。
[PR]

by maestro_k | 2007-08-10 01:08 | diary

逆ナンなのか

紫陽花に ハンドルとられて もらい水
f0056516_1144684.jpg
もらい水は関係ないが、暑いので上手いパロが思いつかなかった。

暑いニャー。
f0056516_1161149.jpg
暑いので上手いコメントが思いつかなかった。

原宿の某ショップで麦わら帽子を物色していると、声をかけられた。
「麦わら帽子とか買うんですか?」
「…うん?」
見ると、デカイサングラスをかけ、下唇の端にピアスをした小柄な女の子。大人っぽく見せようとしているが、声をかけてきたくせに後ずさり気味な所作や、ありがちなヘアスタイルを見ると、おそらく高校一年程度だろう。私の事を知っているのかしらと一瞬対応に迷う。
「お兄さん、麦わら帽子とか買うんですかー?」
「…うん」
どうも私を知っている訳ではないようだ。彼女の後ろには同じような恰好でもう少し背の高い友人らしきコもいる。ガラの悪いピアス少女ふたりがかりで、このいたいけなおっさんに何をしようというのか。
「かぶっちゃったりするんですか?」
「…いや、撮影の小道具」
「撮影?何やってる人なんですか?」
役者と言うとややこしいので、
「カメラマン」
と答える。
「へーそうなんですかー。頑張ってください」
と言って去って行った。
なに?逆ナン?声かけてみたら意外におっさんだったからナシと思われたのだろうか。ガラが悪そうなわりに言葉遣いが妙にしっかりしていたのが面白かった。

[PR]

by maestro_k | 2007-08-06 23:59 | diary

おでかけ

二日連続で引きこもっていると気が滅入るので外出。ただし暑いので夕方から。

300円ショップでのれん購入。
f0056516_017139.jpg
茶を飲みながら携帯で中森明菜を数曲DL。
『あなたのポートレート』なんてないだろうなと思ったら五十音順で一番最初に出て来た。他に『キャンセル!』や『スローモーション』、『セカンド・ラブ』など。
80年代アイドルのうち、松田聖子と中森明菜の初期の楽曲は完成度が抜群に高い。金をかけて一流のスタッフ陣を揃えているから当然なのだろう。当時の楽曲はひとつひとつが明確な世界を構築し、その世界の風景が見えていたのだけど、最近の観念的過ぎるラブソングではさっぱり何も喚起されない。

「軽くウエーブしてる前髪がとても素敵
そっと盗み撮りしたの 
あなたのポートレート

あの日にボートがぶつかって
帽子を落としていなければ
他人のままで こんなときめきもない
恋は信じられない偶然」

どうだこの具体性。盗み撮りなのにポートレートと言い切る潔さ。
具体的楽曲としては倉沢淳美の『プロフィール』も捨て難い。「まだ秘密 着やせする方よ」などの全然知りたくない秘密が盛り込まれている。

池袋で発見したネコ娘。
f0056516_117176.jpg
放映中のアニメとは印象が随分違うな。
[PR]

by maestro_k | 2007-08-05 23:59 | diary

働かせろ

取材でオタンジャディスへ。たぶんシークレットじゃないので告知しておくと『LOOK at STAR!』の「はらまっぷ」というコーナー。
てっきりお店の取材だけかと思ったら店内でインタビューを受けるというものだった。これでお店の人に「たまに来るあの怪しい人は役者だったのか」とバレてしまったではないか。
食べる方に夢中になり、あまりまともなインタビューにならなかった。申し訳ない。

f0056516_2342526.jpg
働きバチは仕事があっていいな。

カフェでゴルゴを読んでいると小林ありすちゃんから電話。成り行きでハンズでの買い物に付き合う。彼女は脚に包帯を巻いていた。自転車のハンドルに引っ掛けていた傘が前輪につっかえ、大コケしたらしい。
[PR]

by maestro_k | 2007-08-02 23:49 | diary

ワッフォー

声の仕事。3分で終了。

ワッフルズ「季節のフルーツなんとかワッフル」。
f0056516_21245363.jpg
店内はどことなく安普請で、学祭の模擬店のようだ。美味しいのだけどボリュームは物足りない。紅茶は渋くてアールグレイの香りは飛んでいた。茶のいれ方を勉強した方が良い。
これで総額780円だとしたら上出来だが、倍近い値段では客を満足させるのは難しいだろう。

一昨日の夜、BS2でリヒテルの特番を見た。

「ピアニストが自分でピアノを選ぶのは間違いだ。調律師にまかせ、ピアニストは与えられたピアノを弾きさえすればいい。自分で選ぶとその選択が正しかったのか最後まで気になって仕方がない」

「昔は暗譜したが今はしない。暗譜をすると自分勝手な解釈で弾いてしまうことがある。細かい指示まで完璧に覚えるのは不可能だ。○○は『リヒテルはピアノを弾くのが巧い。その上楽譜が読める』と言っていたよ」

「カラヤン指揮のベートーヴェンの三重奏は最低の出来だった。私とオイストラフ、カラヤンとロストロポーヴィチとに真っ二つに分かれてしまった。ロストロポーヴィチは自分が目立つ事しか考えず、カラヤンは私たちがリテイクしようとしているのに『写真撮影がある』とレコーディングを切り上げてしまった」

「ディースカウは自分のやり方を押し通した。独特の唱法で子音を聴かせるためにほんのわずかピアノを遅らせてくれと言うんだ。確かに素晴らしいものになった」

「ショスタコーヴィチは天才だが変人だった。彼の変人具合に比べたら私など取るに足らない。初めて我が家に彼が来る事になった際、妻には『チャイコフスキーが来るくらい大変な事だ』と説明したよ。初めは彼との間に友情はなかったが、オイストラフに彼が捧げた曲を録音する際には親しくなった」

リヒテルの人となりはあまり知らなかったが、結構好きになれそうだ。
ディースカウのエピソードの際にはリヒテル伴奏で歌う彼の姿が挿入されていて、それが凄い。ディースカウは「素晴らしく巧いけど、お行儀が良過ぎる」というのが今までの印象だったが、その映像ではどこかの小部屋でピアノと向き合い、ケンカするように歌っていてビックリした。録画しておけば良かったな。
[PR]

by maestro_k | 2007-08-01 22:27 | diary

ライブ撮影

南青山MANDALAへ。黒色すみれのレコ発演奏会の撮影。

三脚も用意したが、ほぼ手持ち撮影で900枚以上。そりゃ疲れる。
f0056516_0512571.jpg
今どきのデジタル一眼はISO1600程度だとほとんどノイズが感じられないな。
[PR]

by maestro_k | 2007-08-01 00:59 | diary