<   2007年 12月 ( 12 )   > この月の画像一覧

千秋楽

楽日の二公演を終え、打ち上げ。
原作のY先生と話したら、相当趣向の合う部分が多くて面白かった。
皆は朝まで飲むのだろうが、私は一次会でろくに挨拶もせず退散。大勢で長時間飲むのは性に合わないのだ。もう会えない、という気もしなかったし。

ご来場いただいた方々、ありがとうございました。
[PR]

by maestro_k | 2007-12-30 01:26 | diary

二日目

病院に行く。薄風邪を引いている程度でさほど体調が悪い訳ではない。ノドを安静にさせているヒマがないのでメンテナンス的に点滴を打ってもらった。診療まで随分待たされ、劇場の入り時間がせまって来たので「急ぎで!」と注文したら、いつもはアダージョ程度の薬滴がポタポタとアンダンテくらいになっていた。

終演後、「肉だ!肉を喰らうぞ!」とKくんと二人で焼き肉。
明日から2ステ三連チャンか。みんな死ななきゃいいな。

[PR]

by maestro_k | 2007-12-22 00:27 | diary

初日

いろいろあった末、本日初日。

御覧になった方はお分かりだろうが、今回の舞台はなんとも趣向の変わったものだ。キャスト達の肌が汗で輝いてゆくのを見るだけでも、彼らがどれだけハードなことをこなしているか伝わるのではないだろうか。

明日は夜公演だけの貴重な日なのでゆっくり寝よう。
[PR]

by maestro_k | 2007-12-21 00:24 | diary

Shopping

8日ぶりのオフ。
芝居の稽古終盤になるといつも「こんなに休みがないなんて、労働基準法違反にならないのかしら」と思っていたのだが、私は被雇用者ではなく自営業者なので関係ないということに最近気付いた。明日の小屋入り以降は29日まで一日も休みが無い。有り難いことだ。

ZAZAに行き少々のヘアカット。既に稽古場でヘアメイクさんにカットしてもらったのだが、自分なりに気になる部分が出て来たので微調整。
その後、本当に久しぶりに買い物。ずっとシャンプーを買いたかった。このブログを以前から読んでいる方はご存知だろうが、私は現在TAMANOHADAシャンプーを愛用しており、今のところロフトでしか売っているのを見た事が無い。今日を逃すと今年中に買えない可能性もあるのだ。

渋谷にて無事購入。ボディクリームとお香も。
f0056516_1502933.jpg
カレー研究所にて夕飯。相変わらずの閑散ぶりで客は私一人。潰れると困るのでたまに行ってあげて欲しい。
[PR]

by maestro_k | 2007-12-18 01:55 | diary

稽古おしまい

もう昨日の話になってしまったけれど、稽古最終日。
稽古場に行くとすでに皆が歌稽古をしていた。どうもいつもより入り時間が早かったらしい。しかも返し稽古だけかと思っていたら夕方から通し稽古有りに変更になっていたようだ。なんで私は人の話を聞いていないのだろう。
予期せぬ通し稽古において、ソロシーンは鉄板ネタを持って来たつもりが全くウケない。演出家はじめほとんどのスタッフさんの頭の上に「?」マークが浮かんでいる。愕然として心が折れそうになるも、静まり返った中でやり切る。本番だったら客が笑い過ぎて悶絶死するくらいのネタなのに!やらないけど。

稽古終了して、ホルモン屋にて稽古打ち上げ。
f0056516_14274688.jpg
これまで稽古後に有志の何人かで食事ということはあったのだが、ほぼ全員揃ったのは今日が初めて。稽古場バラシを終えたスタッフさん達も後から合流。

[PR]

by maestro_k | 2007-12-17 14:45 | diary

速い!

f0056516_2341144.jpg

二回目の通し。昨日よりずっと流れは良くなった。私はいまだにいろいろ間違えている。まあ本番までにはなんとかするんだろう、と周囲は思っているだろうがそれは買いかぶりというもので、このままだと本番も相当の確率で間違えそうでマズい。明後日で稽古はおしまい。アジャストしきれるだろうか。
私のソロシーンでステージングをつけてもらったのだが、昨日の通しを観た振り付けの先生から「オールフリーでいきましょう!」とにこやかに告げられた。あああ見限られた。
[PR]

by maestro_k | 2007-12-14 23:41 | diary

よろめくチアキスト

Fairywishの撮影時のオマケ画像。
f0056516_041295.jpg


さて通し稽古。止めながらの通しは既にやってあるが、ノンストップでに本番通りの流れでやったのは初めて。試合の流れがややこしく、私も含めロストした部分が多々あったし、全体的な精度はまだ高いとは言えない。しかし現状で上手く行く方が却って危うい。今のウチに危機感を持って確認作業ができた方が良いのだ。たぶん。
しかし実際通してみると選手役のキャスト達からは本気の汗がダラダラボタボタと滴り落ちていて本当にしんどそうだ。本番では衣装こそバスケのユニフォームだけれど、暖房の効いた劇場で照明を浴びながら動き回る訳で、脱水症状に陥らないか心配だ。これを10日間で18ステージか。頑張れ若者たち。
能登さんと話していたのだが、稽古場に付きもののリポDの類いがこの現場にはない。皆カップヌードルばかり食べて元気に動き回っている。やっぱり若いからだろうか。その代わりエアーサロンパス臭が充満しているけれど。

ところで終演後のハイタッチには私も参加を命ぜられている。私とハイタッチしても面白くないだろうが、ご希望ならソフトタッチもハードタッチもニュータッチでも可である。もっとも、観劇日がお目当てのキャストの当番でなくても心配はいらない。観終わった後にはキャスト全員のファンになっているはずだから。
あー、良い事言ったな。
[PR]

by maestro_k | 2007-12-13 23:22 | diary

賑やかし復活

さて私のソロにおける賑やかしが不可になったことでKくんは相当ショックを受けていた。

実はその判断はPによるもので、PがNOと言えばNOなのである。
Pが本日稽古場に来て、私に事情を説明してくれた。曰く、単にコストの問題とのこと。確かに私のアイデアをキッチリやろうとすると相当予算がかかるようで、Pがコストにシビアになるのは当然だ。しかし私の主眼はコストのかかる部分ではない。要はKくんとAくんでお客さんを楽しませてくれれば良い訳で、コストを要する部分は二の次なのである。だってファンの人ならお目当ての役者にコストがかかっているかいないかに関わらず、出て楽しませてくれた方が全く出ないより百倍マシのはずだ。現場でも相当盛り上がっていたアイデアだったので、是非ともやらせて欲しいとかけあってみた。で協議の結果、GOが出た。人間、ちゃんと話せば通じるのだ。

これからまたレタッチ作業。あああ寝たい。

[PR]

by maestro_k | 2007-12-08 23:59 | diary

また移動

本日、また稽古場が変わった。といっても同じ敷地内の別の部屋になっただけ。キャストは私物を運ぶだけで良いが、スタッフさんは舞台美術やいろいろな備品を移動しなければならない。前の空間より天井は低くなったがだだっ広くなり、稽古場の隅でブツブツと歌の練習くらいはできそうだ。

夕方の空。
f0056516_0524633.jpg
さて昨日書いたソロシーンの賑やかしは諸々の事情で不可となった。残念至極。仕方ない、ひとりで頑張るか。

稽古帰りにKくんとお茶。Kくんが大学生だったと初めて知って驚く。だからいつも入り時間が遅かったのか。なぜか今日はKくんが奢ってくれた。

今日もこれからレタッチ作業。あと半分。明後日までに終わらせよう。
[PR]

by maestro_k | 2007-12-07 01:02 | diary

コンプリート!

昨日の時点で揃った。
f0056516_23464037.jpg
稽古はおそらく順調に進んでいる。はず。

さて「何でも歌います」と大見得を切ったはいいが、ソロ曲が本当に難しい。曲はレチタティーヴォ(導入部)的なAパートと、アリア的なBパートに分かれていて、Aの方が地味にややこしいのである。Caccinicaも相当難曲揃いだけれど、自分の歌える範囲で作っているから歌唱不能ということはない。今回の曲は個人的にはヴィヴァルディの「スターバト・マーテル」最終曲の「Amen」以来の難しさで、譜面を見て途方に暮れたのは久しぶりのことだ。譜面をもらって二日経つが、まだ全然歌えない。キーが合わなければ移調してもらえば済むが、「メロが難しいので単純にして下さい」などとは口が裂けても言えない。そして歌えたとしても難しそうに聴こえてはいけない。難しい曲をいかにも簡単そうにさらりとやらねば見世物にはならないのだ。歌唱力向上のチャンスでもあるので、千回歌ってモノにしなければ。

ちなみにソロシーンは脚本の時点ではひとりぼっちの予定だった。何か賑やかしが欲しいなあと思い、ダメ元で演出家にバカバカしいアイデアを出してみたらアッサリ採用となった。鉄板で面白いのは確かなのだけれど、いいのかな。というわけでKくんとAくんよろしく。彼らのファンの方々はきっと驚愕するんじゃないかしら。

さあ今日もこれから夜を徹しての作業。先日から某撮影企画の数百枚の画像をレタッチしまくっているのだ。
[PR]

by maestro_k | 2007-12-06 00:30 | diary