<   2008年 07月 ( 12 )   > この月の画像一覧

折り返し

さて今日からまた三日連続の昼夜二回。
夜公演の開始直前には皆徹夜明けのようなナチュラルハイの変なテンションになっていた。私も怒鳴り声による喉荒れを抑えるための薬を飲み、さらにドリンク剤を服用したのでダウンなのかアッパーなのか良く判らない状況でなんとか乗り切る。台詞ひとつ飛ばしたけど。

さ、寝よ。
[PR]

by maestro_k | 2008-07-30 00:34 | diary

初日

本日初日。なのに昼夜二回。
みな初日が明けた安堵感も纏いつつ、それ以上に蓄積した疲労と戦っている。全然動いていない私でも頭がぼんやりしつつあるので、選手役の若者たちはさぞしんどかろう。捻挫とか突き指とかの細かな怪我は当たり前なのだが、いまのところ致命的なケガ人は出ていない。なんとか無事に終わればいいな。
なんか、湿布とか、そういうものを差し入れしてあげると良いかも。
[PR]

by maestro_k | 2008-07-26 09:17 | diary

ゲン直し

昨日の最終通しは個人的に散々な結果だった。なぜだ。なぜこんなに覚えられないのだ。もう限界なのか。模試で全県一位を獲っていた頃のキレキレの頭脳はどこへいったのだ。
とか言いつつちゃんと稽古打ち上げには出る。打ち上げというより、最初はKくん、T嬢の帰り道一緒チームで寿司でも食べて行こうという話だったのが、結局大所帯での飲み会に発展してしまった。

さて本日はオフ。明日から千秋楽まで休み無しの12日間となるので、是非ゆっくり休養したい。
にも関わらず朝10時半から南青山でマリアさんのチラシ撮影の打ち合わせ。メイクさん、スタイリストさんに資料を見せつつイメージを伝える。特に女優陣においては相当非日常的なヴィジュアルになると思われる。乞う御期待。

昼過ぎにヒマになったので、昨日の惨敗のゲン直しに買い物。
チャコットのファンデとクリアパウダー。
f0056516_21221347.jpg
本当はC嬢との対面記念でマキアージュにしたかったのだが、役柄に適した色味がなかったので。

そしてメガネ新調。
f0056516_21242490.jpg
カトラー&グロスに続き、またもやレトロな黒セル。
これより小振りなサイズの物もあり、店員の女性が
「こっちは新しい、ムナカタっていうタイプなんです」
という。黒セルでムナカタか。
「棟方志功のイメージなんですか?」
「あー、フルネームは判らないんですけど、バンガカの人で…」
バ、バンガカ?
「版画家ですね」
「あ、はい、版画家の」
見たところ20代半ばのこの店員は、これまでの人生、版画家をずっとバンガカと思っていたのだろうか。でもバンガカって響きは万画家や萬画家と書けて意外と良い気もするな。(※後から知ったところによると棟方志功は自らを版画家ではなく「板画家」と称していたそう。店員は正しかった。のか?)

以前、弐号機に取り付ける部品を探していて、バイク屋のお兄さんに
「専用の物はないので、ボンヨウ品で探すしかないですねえ」
と言われたこともあった。汎用品はいいけど、凡庸品はイヤだ。

かように、間違いに気付かず言葉を使っている人は意外と多い。私も人の事は言えないけれど。
正誤とは違うが、それ以上に言葉の意味の正負に鈍感な人が多いのも気になる。たまにファンレターやファンメールをいただく訳で、それは非常に嬉しいのだが、「ちょくちょくブログ読んでます」って、失礼だと思うのだけど。ちょくちょくかよ。ウソでも「いつも読んでます」って書けないものか。
また、「かなり好きです」とか「かなり良かったです」っていうのもどうなんだ。「かなり」って、結局は「かなり止まり」のリミッターがかかってるイメージなんだけど。
ファンレターやメールをいただくこと自体とても有り難いことではあるのだけど、私にはともかく、他の人あてに書く場合にはちょっと気を付けてみた方が良いのじゃないかしら。他の若い役者じゃこんなことも言えないだろうから、一応ご参考までに。

[PR]

by maestro_k | 2008-07-22 22:24 | diary

干しつ干されつ

梅の土用干し中。世界広しといえども稽古場で梅の土用干しをする役者は私だけだろう。

Kくんは今日が誕生日だった。この後、夜に身の毛もよだつようなバースデーサプライズがあるとも知らずニコニコしているけれど。あー、面白かった。運が良ければDVDに収録されるんじゃないかしら。

さて明日は稽古最終日。私はいまだに通し稽古でパーフェクトが出ていない。明日は是非ともキッチリ仕上げて、悔いのないようにしなければ。
[PR]

by maestro_k | 2008-07-20 23:59 | diary

shopping!shopping!shopping!

本日稽古オフ。
本当は一日寝ていたいのだが、買いに行けていなかった様々なものを一気に購入しておくことに。
・シャンプー&コンディショナー
・マリアージュの紅茶3種
・入浴後に使うらしいボディスプレー
・梅を日干しするためのザル
・Tシャツ二枚
などなど。

休憩がてら台詞の整理をしようと、最近増殖しているロクシタンカフェに行ってみると、当たり前のように禁煙だった。
しかたなくアプリコットタルトだけ食べて退散。
f0056516_22132399.jpg
美味しかったから良しとしよう。
[PR]

by maestro_k | 2008-07-19 22:25 | diary

ちょっと進歩

f0056516_0383146.jpg
午前中からトーク番組収録。全然キラキラしてないけどいいのかしらと思いつつ、呼ばれた以上は出る。こういうトーク番組は初めてだった。ちょっと正直に喋り過ぎた部分もあって、これは使われないだろうなあと思いつつ。

稽古場では昨日に続いて通し稽古。昨日のふがいなさに発奮し、夜の三時までかかって自分の台詞きっかけを書き出した資料を作成した。そして部屋に忘れて来た。なのでカンペ無しの状態で臨んだのだが、それでも資料作成作業によって幾分頭が整理されたので昨日よりはマシになった。6割くらいかな。

写真は稽古場での私の紅茶バー。マリアージュ4種、その他6種くらい。
[PR]

by maestro_k | 2008-07-18 00:48 | diary

ぬおー

新たな稽古場はエアコンがたいそう効いていて快適。外には高原が広がり、ウーロン茶のCMの中国少女たちが走り回ったりしている。ような気がする。

そんな現実逃避の思考をしたくなるくらい、稽古が大詰めだ。すでにほとんどの段取りは決定しており、後はそれをスムーズにしていかねばならないのだが、私はいまだに台詞が入っていない。いや、台詞そのものは覚えたのだが、きっかけを掴めていない。バスケの試合の流れをまだ完全に把握しておらず、台詞の入れどころを逃してしまうのだ。それに構わずシーンが進む事もあれば、私の台詞が入らないと止まってしまう部分もある。今日の粗通しでは長めの台詞を二ヶ所飛ばし、タイミングは無数に間違えた。出トチリも二度。初演の方がまだマシで、今回ほど台詞の入り辛い舞台は初めてと言っていい。
決して集中していない訳ではない。相当気を張っているつもりだったのだが、それでもこのていたらくなのだ。ああ屈辱。
だからといって台詞を削ってもらえる訳でもなし、私の台詞は私が言うしかないので脳に刻み込むしかない。間違えるなら稽古場のうちだ。落ち着いて、目の前の作業を確実にこなすのだ。

[PR]

by maestro_k | 2008-07-16 23:35 | diary

カット

たまたま全体稽古が早めに終了したので、表参道ZAZAにて散髪。今度の木曜にテレビのトーク番組の収録がある。今日を逃すともうチャンスはなく、ボサボサの頭で臨まなければならないところだった。

帰宅して久しぶりの洗濯。夏場の稽古中はTシャツの回転率が異常に高いのになかなか洗濯のヒマがない。キャストのファンの方々はTシャツを差し入れると良いだろう。みんなデカイからサイズはXLで。
サイズと言えば、先日身長を測る機会があり、ずっと173cmだと思っていたのに174.5cmに伸びていた。
174.5cmは四捨五入で175cmだ。
175cmは四捨五入で1.8mだ。
1.8mは四捨五入で2mだ。
知らないうちに2mの世界を眺めていたとは。
[PR]

by maestro_k | 2008-07-14 00:33 | diary

エロス

Kくんがマリアージュの紙袋を持ってきたのでなんだろうと思ったら、
「昨日のお礼です」
と紅茶とティーサーバースプーンをくれた。
昨日彼に靴を二足あげた。二三回しか履いておらず、やっぱり合う服がないなあと思って死蔵していたものなので、靴箱のスペースが空いてかえって助かったくらいなのだが、それへのお礼だという。やった。
紅茶は「エロス」で、ユザワにはエロスだろうという尤もなセレクション。名前からすると濃厚で官能的な香りを想像するが、実は柑橘系の爽やかさをもった軽めの紅茶だ。マリアージュはフランス紅茶であるから、エロスは性愛というよりもっと一般的な愛情の意なのであろう。
もしかして遠回しの告白なのかな。

ところで前々回のC嬢との初対面報告に関する祝福コメントがあまりに少なくて拍子抜けしている。もしかして皆いつもの妄想だと思っているのか。
事実だっつーの。
みんな、心おきなく祝いたまえ。
[PR]

by maestro_k | 2008-07-11 23:55 | diary

覚えられない

今日じゃない日の昼顔。
f0056516_1362915.jpg
本日は全体稽古はなく、ダンスシーンごとの振り固め。もっぱら自主練となった。そろそろ台詞を覚え切らないといけない。しかし稽古においてはダンスやバスケの動きなどに時間の多くが割かれてしまい、芝居部分の立ち稽古をしながら台詞を徐々に覚えてゆく時間的余裕は今後もない。選手役のコ達がダラダラ汗をかきながらダンスやバスケをしている間、私は脚本を眺めてブツブツと台詞を唱えるのだが、「お前は○番をマークし、お前は△番に当たって云々」等の台詞はただ読んでいるだけではとても覚えるのが難儀だ。暗記パンが欲しい。
[PR]

by maestro_k | 2008-07-11 02:04 | diary